ジグザグ!

BTS『RUN/EPIROGUE:YoungForever』MV考察

RUN

ほとんどがひたすら楽しく過ごしているMVです。理想世界での様子だと思ってます。このMVではソクジン、テヒョン、ジョングクが違和感を覚えるような描写があります。
時系列で言うと、『花樣年華 on stage : prologue』よりも前なのではないかと考えています。

ソクジンが撮影する意味

f:id:zigxzag:20180811130608p:plain

このMVに限らずソクジンはとにかく撮影をしているのですが、彼にとって重要なワードは「記憶」「監視」だと思っています。「記憶」については、楽しいことばかり覚えていたいのにつらいことばかりだといった気持ちが強いのではないかという印象があるのと、「監視」については現実世界でみんなの素行を校長に密告していたことから出してみました。撮影をしていることが「記憶」「監視」のどちらを暗喩しているかは分かりません。

f:id:zigxzag:20180811131345p:plain

イヤホンを外すシーンがあるんですけど、これは特に重要なことではなくて単純に現実世界で「監視」していたこと、現実世界で課せられていた役割(校長からの指示を受けるということ)を引きずっているメタ的な描写なのではないかと思います。

違和感を覚える3人 

f:id:zigxzag:20180811130709p:plain

f:id:zigxzag:20180811130558p:plain

f:id:zigxzag:20180811130737p:plain

f:id:zigxzag:20180811131030p:plain

トランプタワーをしているとテヒョンに崩されます(ここひどくてわろた)。ぽんぽんとジョングクちゃんに肩を叩かれると、何かハッとした顔をします。そのあとも浮かない表情をしています。今いる世界に違和感を覚えていると考えるのが自然です。

 

f:id:zigxzag:20180811130704p:plain

f:id:zigxzag:20180811131421p:plain

f:id:zigxzag:20180811130715p:plain

テヒョンがグラフィティをしていたら警察に追われてナムジュンと共にパトカーの車体に押し付けられる場面で、ナムジュンを見たテヒョンがハッとした顔をします。前にもあったような気がするといった表情かなと思います。
22年6月〜7月に一緒に居た女の子と、同じようにグラフィティをして警察に追われてテヒョンだけ捕まった出来事が『Highlight Reel』で描かれているのですが、そのときの記憶が僅かに残っているのかもしれません。なのでこの描写は女の子と出会った時間軸よりあとの時間軸の可能性があります。


f:id:zigxzag:20180811130620p:plain

f:id:zigxzag:20180811130753p:plain

f:id:zigxzag:20180811131022p:plain

なぜか暴れるユンギをジョングクちゃんがどうにか抑えようとします。ここでもジョングクちゃんが違和感を覚えるような表情をします。
ユンギがジョングクちゃんを壁にぶつけたあと、ジョングクちゃんは脇腹を押さえます。現実世界の22年4月11日、不良にぶつかったときと同じ流れです。はっきりとは思い出せないけど、同じようなことがあった、とジョングクちゃんは感じたのかもしれません。

 

f:id:zigxzag:20180811193505p:image

最後の場面でジョングクちゃんだけがソクジンに振り向いて左目を瞑る描写は意味は分からなかった…分からなかったし何も思いつかなかったのでスルーします。

蝶について

f:id:zigxzag:20180811130722p:plain

f:id:zigxzag:20180811130626p:plain

1枚目はナムジュンのコンテナ、2枚目は日本版で出てくる蝶です。蝶は他のMVにも出てくるんですけど、何か意味があるんだろうなあと思っていました。
蝶といえば、蛹から蝶へ成長していくことから「変化」の象徴ともされています。なので、素直に「成長」「変化」を暗喩しているのかとも思うのですが、それとプラスして考えておきたいのが「バタフライ・エフェクト」です。

バタフライ・エフェクト」は簡単に言うと、1つの小さな出来事がのちのち大きな出来事に影響する、ということです。
今回、現実世界で起きた出来事の一つに、ジョングクが "たまたまサボって「僕たちの教室」に行ったことでユンギが退学になった" といったことがありました。

あと、これは想像でしかないのですが、ナムジュンが電話で話してる内容を聞いたテヒョンがものすごくショックを受けてしまった出来事がありました。でも、ナムジュンは自分の実の弟の話をしていたのかもしれないとわたしは思っています。
ナムジュンには実の弟が居て、問題を抱えているようなことがTHE NOTESに書かれていました。ナムジュンが「自分で解決できるだろう」と言っていたのは自分の弟に対してで、テヒョンは自分のことを言われていて、ナムジュンに見捨てられた、と勘違いしてしまっている可能性があるのです。

もしそうだとしたら、これもバタフライ・エフェクトの要素があると考えても良さそうです。あのときナムジュンが電話をしていなければ、テヒョンが隠れて電話を聞かなければ、テヒョンは傷つかずに済みました。

友人関係や青春時代は、些細なことで壊れたりこじれたりの連続です。ミステリーめいた意味があるのではなくて、「成長」「変化」「バタフライ・エフェクト」といったことを示しているのではないかという見解に至りました。

f:id:zigxzag:20180811130615p:plain

f:id:zigxzag:20180811131017p:plain

f:id:zigxzag:20180811130748p:plain

このカットも気になりますが分かりませんでした。ジョングクちゃんが最高に可愛いので分からなくても貼ります。

f:id:zigxzag:20180811130732p:plain

f:id:zigxzag:20180811131008p:plain

おわかりいただけただろうか・・・・・・・・

次々に切り替わる場面

色んな場面がすごいスピードでスイッチされていくので混乱したので一応書き出しておきます。自分が分かりやすいように「軸」と表現します。
全部理想世界での出来事かなと思っているんですよね…次々に場面が切り替わるのは何度も繰り返していることを表現したいからなのかもしれません。

1.ナムジュンがコンテナを開けて中からトランプが出てくる軸  ★
2. 部屋その1でパーティーをしている軸(ソクジンが違和感)☆
3. ナムジュンとテヒョンがグラビティをして警察に追われる軸(テヒョンが違和感)★
4. 草原をみんなで走る軸(イヤホンを外すソクジンをジミンが見る)△
5. みんなで高架下?を走ったり街中をダッシュする軸 ★
6. 自暴自棄な雰囲気のユンギが出てくる軸 ★
7. 何か悩んでいる雰囲気のジョングクが出てくる軸 ★
8. 線路横を歩いているテヒョンが出てくる軸△
9. 叫んでいるホソクが出てくる軸 ★
10. 苦しんでいそうなジミンが出てくる軸 ★
11. 病院のベッド?で寝ていたホソクと隣に立つジミンが出てくる軸
12. ユンギが暴れてジョングクが止める軸(ユンギは★と同じ服)
13. 部屋その2でパーティーをしている軸(グクだけ服違う)☆
14. 街中をダッシュする軸 ★
15. 港で遊んでダッシュする軸 △
16. プリクラを撮る軸 ☆
17. トンネルで悪さする軸 △
18. ジミンがバスルームに入ったらみんなで騒いでる軸 ☆
19. 苦しげな顔のテヒョンが映る軸(一瞬)★

 

EPIROGUE:Young Forever

これはただの予想ですが、様々な困難を乗り越えて成長していく姿を3つのシリーズを通して描いているので、本当に最後まで物語が終わったときにこのMVを観ることで感慨深いものになるのではないかと思うので、今の時点では考察を控えます。

f:id:zigxzag:20180811131356p:plain

f:id:zigxzag:20180811131350p:plain