ジグザグ!

天は赤い河のほとり

下村陽子様が携わってくれただけで神

下村陽子様ですよ…最高すぎませんか?超超超すごい人ですよ…そんな超すごい人がメインテーマを作曲してもらったんですよ!コレは凄いことです!


愛ちゃんの登場の仕方とかキキちゃんの登場の仕方とかスタンダードな二次元的格好良さを求めるオタクが大好きな感じですよね。

原作は存じ上げないので特に何も感じなかったのだけど話的には駆け足なのかなあと感じたくらいで。分からない用語があったりどういうことだろうって疑問になった所もあるけど特に気になって仕方ない!という程でもなく…
でもさ…………愛ちゃんがやってた黒太子の血の川?見たかったよね…

誰ルートを攻略するか問題
誰がいい?

カイル(真風)、ラムセス(芹香)、マッティワザ(愛月)、ザナンザ(桜木)…とか居たけどさ…誰ルート行く?わたしはねえ…1時間半ずっと悩みながら観てたんだけど…


ルサファ(蒼羽)…かな………


蒼羽りくさんは彼氏にしたい/彼氏になったら幸せにしてくれそうジェンヌランキングで上位に食い込むでしょ(個人の感想です)

でも真っ先に攻略したいのはラムセス。ラムセスヤバくない?みんな好きなのでは?????ラスト辺りで真風さんとキキちゃんが銀橋で殴り合うシーンしぬかと思った、興奮して…
マッティワザも好きなんだけど若い女が好きみたいなので一生一緒には居られないと思った…


イケメンの宝庫の宙組で少女漫画原作のこの作品を演るにあたって、小柳先生のあの情熱、感じました。

このインタビューを読んでください。


小柳奈穂子先生「宝塚が、乙女ゲームに負けてる場合じゃない

見出しが面白いんだな。演出家インタビュー読むと演出家好きになっちゃうんですよ。
小柳先生が乙女ゲームについて語る。


余談ですが、この上田久美子先生のインタビューも面白いので未読の方は是非。

【前編】宝塚歌劇団 演出家 上田久美子さんインタビュー | WANI BOOKOUT|ワニブックスのWEBマガジン|ワニブックアウト

【後編】宝塚歌劇団 演出家 上田久美子さんインタビュー | WANI BOOKOUT|ワニブックスのWEBマガジン|ワニブックアウト


ちなみにわたしはこの上田先生のインタビューが掲載された時に読んだのですが、特にこの部分が好き。

私の中に常にあるのは“宝塚を良いカタチで存続させるために貢献したい”という思い。

一人の演出家しかいないほとんどの劇団とは異なり、宝塚歌劇団には複数の演出家がいます。ゆえに、私は自分自身を大きい複合ビルの中の個人営業店だと考えているんです。 “うちはフレンチ”“うちはイタリアン”“うちは和食”おのおのの演出家がひとつの店であると。 美味しい店が集まれば、誰もが行きたいビルになる。私自身が寿司屋なら寿司の技能を磨きたい。

 
わたしはこのインタビューを読んで以来、演出家によってクセの違う舞台を観れることが楽しくなりました。

ワニブックスWEBマガジンは、小柳先生のインタビューもあるのでこちらも。

【前編】宝塚歌劇団 小柳奈穂子さんインタビュー | WANI BOOKOUT|ワニブックスのWEBマガジン|ワニブックアウト

【後編】宝塚歌劇団 小柳奈穂子さんインタビュー | WANI BOOKOUT|ワニブックスのWEBマガジン|ワニブックアウト

 

その他思ったこと

・瑠風輝くんと優希しおんくんが裏切ったのショックだった
・ネフェルティティの出番もっと欲しかった
・マッティワザとネフェルティティの話もっとくれ
・愛ちゃんのスローモーション殺陣、スローモーション上手すぎる
・ティトめっちゃいい役!愛海くん良かったね!
・やっぱりまかまどの身長差というか体格差とてもいいな…
・やれやれ!

 

シトラスの風はとーーーーーっても楽しかった!ので珍しくちゃんと書いてみる。

第1場〜第4場/プロローグ

板付きはいいよね、幕が上がって色が目に飛び込んでくるのが華やかでいい!テーマ曲も一度聴くと耳に残るよね。
夢・アモールは真風さんとキキちゃんと愛ちゃんの3人で銀橋渡って欲しかったなというワガママを言ってみる…

第5場〜第7場/ステート・フェア

ステート・フェアー。白いワンピース可愛いんだよね!みりおんも綺麗だったけどまどかちゃんは可愛い系なのでこういう白くてフリフリしたワンピースがとても似合ってて超可愛かった!まどかちゃんの両隣に美風舞良さんと純矢ちとせさんがブリブリの衣装を着て立ってて言葉を失いました。もっと…配置のバランス考えよう?

第9・10場/Soul Spirits

これめちゃくちゃ良かった………すっしーさん格好良すぎでしょ…すっしーさんはダンスの名手Mr.Bojanglesで、周りにダンサーが居て踊るんだけどメンツ(愛月ひかる、蒼羽りく、風馬翔、桜木みなと、和希そら、留依蒔世、瑠風輝、優希しおん/敬称略)がとても良くて、愛ちゃんは重力ないんですか?って思うくらい羽のようなダンスでりくさんは格好良いダンスでそらくんとかキヨくんはしなやかでそれぞれめっちゃ良い。

第11場/アマポーラ

毎日のように岡田先生の『ネオ・ダンディズム!』『ネオ・ダンディズム!Ⅱ』を浴びているわたしは、あの白チャイナを着て銀橋を練り歩きながらPARADISOを歌うキキちゃんが格好良すぎて滾りました。キキちゃん、PARADISO15分くらい歌い続けて欲しい…銀橋往復しながら…

第15場・16場/ノスタルジア

まどかちゃん………!ってなった…歌うま…!!!!みりおんもうまーー!ってなったけどまどかちゃんめっちゃ上手い…技巧とかは全然分からない素人耳だけど、感動したよ…!
舞踏会の場面のてーーーーーーんってってーててんてーーーん♪の音楽好きなんですよ(伝われ!)澄輝さんとか春瀬さんとか着せなくてはいけない人にきちんと白軍服着せてくれるとこ、好きです。キキちゃんが手袋ペン!ってやって決闘挑んだ後の展開を観たいな…

第18場/明日へのエナジー

宝塚が大切にしてるやつですね。岡田先生のレビューって星の導きとか友情とか娘役がポニテして男役と一緒にシャカリキに踊る場面があるけど、いいよね。娘役が格好良く踊ってるの観るの好き。しかし何だかもう美風舞良の圧がすごすぎて美風舞良の記憶しかない…

第23場/Sunrise

男役群舞格好良かったーーー宙組の男役の格好良さ、大切にしたい…

 

レビューとかショーのこと書く気力がいつも無いんだけど今回は書けた!

ほぼ毎日、5分間であっても観てるんです、岡田先生の『ネオ・ダンディズム!』を。毎日のように岡田イズムを摂取しているのです。もうほぼ洗脳に近いのかもしれません。
3月から安蘭けい様に恋をしているので観ているんですけど、安蘭けい様がわたしにロマンチック・レビューの楽しさを教えてくれた!
楽しさが分かると星組の『ロマンス!』の良さや、おじいちゃんなのに北翔海莉さんのために新しいレビュー作品を作った凄さも理解できるようになった。そして「こういうレビューを魅せることが出来る組はいい組なのだ」とヅカオタの先輩が言っていたことが分かるようになった。勢いでごまかせない、こういったゆめゆめしいロマンチック・レビューは宝塚らしいと思うし、今年に入って観たSUPER VOYAGER!やBADDYは現代の感覚を取り入れて色んな人に受け入れてもらいやすいものでとても楽しい。それはもうめちゃくちゃに楽しい。けれど、時代に関係なく宝塚という世界に閉じ込められちゃっている感のあるこういうレビューもとても良いものです。
あと、今回レビュー楽しい〜!ってなったのは振付の先生がほとんど羽山先生と御織先生なのです。この先生方の振付がとても好きなので、ショーやレビューで先生が担当してる場面は楽しい!羽山先生の腕を旋回させる振付(伝わって…)を、長身の手足の長い人が踊るのが特に好きです。逆に若央先生以外の振付だったら楽しいんですよね…

 

宙組生誕20周年で新トップコンビお披露目公演だし、シトラスの風で良かったのではないかなぁなどと思いました。だって真風&星風コンビだもん!風、必要だよ!わたしは楽しかった!!!!!!まかまどトップおめでとう!!!

 

そして東京プログラム、日経枠があきもちゃんでめちゃくちゃ嬉しいです…およよ…

f:id:zigxzag:20180514233052j:image