ジグザグ!

個人練習生イヒョプちゃんのこと

PRODUCE X 101というサバイバル番組を通してとても好きになった練習生イヒョプちゃんについての覚書です。 プロフィール 名前 이협(イ・ヒョプ/LEE HYEOP) 所属事務所 無し(個人練習生) 誕生日 1999年8月13日(21歳) 血液型 B 身長 177 体重 57 練習生期…

プデュヲチるオタクの初夏

PRODUCE X 101(通称プデュ/プエク)の放送がMnetで開始された5月3日からいつの間にか2ヶ月の月日が経っていた。最終回は7月19日。毎週金曜日23時過ぎから1時間半から2時間ある番組を一生懸命リアタイしているのでなんかエントリ書きたいな〜と思って久々に…

花道だけ歩いてゆこう ー 贔屓の誕生日によせて

高田馬場エリアにて わたしの名前はねるね。年がら年中なんか病気になってる不憫なオタク。ヴィジュアル系バンド、二次元、KPOPのジャンルを駆け抜けてきた。その昔、ヴィジュアル系のライブで訪れた高田馬場エリアのロッカーの前で出番まで座り込んでいると…

プデュヲチるオタクの春

PRODUCE X 101 2019年5月3日から放送開始が予定されている公開オーディション番組『プロデュース X 101』を飽きるまでヲチってこうと思っている。サバイバル番組というかオーディション番組は途中で見なくなって最後まで追えないって確信してて今までノータ…

2019年1月〜3月 〜業深きオタクのほとり〜

BTS WORLD TOUR LOVE YOURSELF 2019.01.13|ナゴヤドーム 耳がEveryday BOOM BOOMだったし遠征するのもライブも少し怖かったけど名古屋は遠征に入らない。そして耳栓があるから大丈夫という強い気持ちを胸に向かって無事に帰ってきた。サブステが近くて楽し…

2018年度の宝塚歌劇ポスターを振り返る

胸がいっぱいになるくらいの愛と夢と希望を与え続け、同時に絶望(人事)と悪夢(人事)を人々に叩き込み続けるタカラヅカ。そんなタカラヅカが2018年4月から2019年3月までに発表した約30演目の公演ポスターを今年度もまとめたので、ポスターを眺めながら心…

映画『刀剣乱舞』

鈴木拡樹がひたすら格好良かった。序盤で本能寺で切腹しようと覚悟していた織田信長と三日月が対峙したときに、三日月が襖を閉める所がめちゃくちゃ格好良くて天を仰いだ。あの襖閉めるとこ何度も観たい。ゼロの執行人で降谷零がゆりかもめの側面を車で爆走…

総括2018年

舞台・ライブ・イベント 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 タカラヅカ 面白かったお芝居 楽しかったショー 頭がおかしくなったタカラヅカのフィナーレ KPOP 出来事メモ KPOP(2018リリース)のMV10選 ジャニーズへの理解 来年の抱負 舞台…

Everyday BOOM BOOM(日記)

本当は1年のオタク活動のまとめをしようと思ったのだけど、まずは自分のために書いておきたいと思うことがあるので、今回はそのことについて。9月末から難聴を患っている。よく聞くのは突発性難聴とか、メニエール病とかだと思うのだけど、わたしは低音障害…

殻を破り翔び発つ者たち/ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』最強の場所

影山に対する彼の姿を見て、彼はずっとこのままなのだろうかと思ったことがありました。何の因果なのか、圧倒的な才を持った影山という後輩が現れて以来、及川はどこかでずっと劣等感を覚えていたように思います。けれども当の影山は「及川さんには敵わない…

ハイステ白鳥沢キャストが最高だったので悔いがない!(ラノベ)

1. 顔がいい 基本的にわたしは二次元、三次元に拘らず格好良く美しい人が大好きで、美の最骨頂と言ってもいいタカラヅカワールドに時折入り浸っています。月城かなと、愛月ひかる、澄輝さやと……人間が普段生活していると絶対にお目に掛かることはないような3…

あんさんぶるスターズ! アルバムシリーズ05『UNDEAD』を買ったぞ!

8月29日、あんさんぶるスターズでの推しユニット・UNDEADのファーストアルバムを買ったので、ファーストアルバムの収録曲のことを書きます。 iTunesのリンク貼ってますが、再生する際は音量に気を付けてください。わたしの端末では音がメチャ大きくて思わず…

BTS『FAKE LOVE』MV考察というか妄想

FAKE LOVEのMV考察というよりも妄想を書きました。

BTS『Blood Sweat & Tears/SpringDay』MV考察

Blood Sweat & Tearsの考察をしています。

BTS『WINGS Short Film』考察

WINGS Short Filmが結局分からないと叫んでる救いのないエントリです。

BTS『RUN/EPIROGUE:YoungForever』MV考察

RUN ほとんどがひたすら楽しく過ごしているMVです。理想世界での様子だと思ってます。このMVではソクジン、テヒョン、ジョングクが違和感を覚えるような描写があります。時系列で言うと、『花樣年華 on stage : prologue』よりも前なのではないかと考えてい…

BTS『I NEED U/花樣年華 on stage:prologue』MV考察

BTS【花樣年華】シリーズを『I NEED U』『花樣年華 on stage:prologue』『RUN』のMV考察をします。

Highlight ReelとTHE NOTESをもとに、花樣年華の物語で彼らの身に起きた出来事を考える

MV、THE NOTES、Highlight Reelを何度も確認していくうちに、彼らの身に何が起きたのか、自分の中で「これなら辻褄が合う」と思う設定が出来上がりました。実際はもっとライトだといいし、そもそも的外れだといいなと思っていますが、自分が考えうる中で最も…

花樣年華 THE NOTES

【花樣年華 THE NOTES】BTSから与えられる資料で、日記形式で綴られています。彼らの身に起きた出来事を断片的に知ることが出来ます。一連のMVへの理解を深めるために必要不可欠なものだと思ったので、THE NOTESをまとめました。

【自由研究】花樣年華から始まったBTSの物語を紐解く

コンセプト 1. 花樣年華 2. WINGS 3. LOVE YOURSELF 自由研究の結果 コンセプト 一貫して表現したいテーマは「青春」「苦悩」「心の在り方」といった「生きること」に纏わるものであって、MVではファンタジー要素を混ぜてみました、って感じだと思っています…

悲伝 小倉で暇を持て余したオタクたちの記録

7/5Gちゃんと小倉へ遠征する。遠い。小倉駅のバス乗り場で、よく分からなくてぐるぐる乗り場をうろついた。円環に取り込まれた…?夜公演が始まる直前の18時頃一斉にアラームが鳴った。携帯の電源切ってないオタクが多すぎるということが分かった。刀ステは相…

5月+6月

宝塚スカイツリーコラボに行ってきたよ! エレベーター、多分各組ごとに分かれてるはずなのに行きも帰りも星組だった… タケル! エレベーターを上がると歴代トップスターの写真が壁面に貼られていた。あとからカメラロールを見返した所、興奮が伝わる写真が…

グレイヴタウンの世界に遊びにいってきたよ!/Leetspeak monsters 1st ONEMAN TOUR『Life and Death Tour 〜生者と死者の夜〜』

グゥ〜〜〜ッドイブニング以前、茶の間の分際でこのような記事を書きましたが、先日初めてリートのライブに行ってきました。 Leetspeak monsters 1st ONEMAN TOURLife and Death Tour 〜生者と死者の夜〜 東京公演@高田馬場 CLUB PHASE 現場を離れていた間…

刀剣乱舞 悲伝 結いの目の不如帰

・舞台は足利義輝が治める室町幕府の時代・足利義輝の死に際し、いくつもの刀から成る「鵺と呼ばれる」特異な存在が現れる(以降鵺)・三日月は鵺と対峙するが倒さずに逃がす。その様子を燭台切が見ており、軍議でも見ていないかのように振る舞う三日月の謎…

天は赤い河のほとり

下村陽子様が携わってくれただけで神下村陽子様ですよ…最高すぎませんか?超超超すごい人ですよ…そんな超すごい人がメインテーマを作曲してもらったんですよ!コレは凄いことです! 愛ちゃんの登場の仕方とかキキちゃんの登場の仕方とかスタンダードな二次元…

3月+4月

3月 シルク・ド・ソレイユ『キュリオス』観劇 前回初めてシルクドソレイユを観たのだけど、とても楽しかったので今回も行ってきた。インスタで拡散してねってことでカテコが撮影OKだったんだけどタイミングが分からなかった。今回はスチームパンクな世界観で…

ハイステの白鳥沢キャストが可愛くてハッピー

ハイキュー!!では白鳥沢が最も好きだ。あんスタのユーザ名も白鳥沢カツ子としてプレイしている。「白鳥沢」や「白鳥沢ちゃん」などとキャラクターから呼ばれている。まあそれは良いとして、かつてハイステに行っていた時に「いつか白鳥沢が出たらどうしよう…

生徒名鑑『宝塚おとめ』で "芸名の由来又は名付け親" の情報を見る

タカラジェンヌの芸名の由来又は名付け親、という項目が生徒名鑑『おとめ』に載っているのだが、ほとんどが次のようなパターンだ。・家族と考えました・家族または恩師に付けてもらった・家族または恩師に選んでもらった・尊敬する人から一文字取って家族と…

2017年度の宝塚歌劇ポスターを振り返る+α

暇人なので2017年度の宝塚歌劇のポスターを初日順に並べてみた*1。わたしはポスター発表も楽しみの一つにしていて、期待値が高まるデザインを出してくれることもあれば反対に不安になってしまうものもあるけど、とにかく総合的に楽しませてもらっている。並…

ポーの一族

明日海さんとれいちゃんが並んだ今しか出来ない。こういうことってあるんだね。この演者が揃わないと出来ないっていう作品があるんだな。奇跡を見てしまったんだな。それにしても花組すごかった。本当に花組のみんながすごかった。偉そう。申し訳ない。 幕が…