ジグザグ!

殻を破り翔び発つ者たち/ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』最強の場所

影山に対する彼の姿を見て、彼はずっとこのままなのだろうかと思ったことがありました。

何の因果なのか、圧倒的な才を持った影山という後輩が現れて以来、及川はどこかでずっと劣等感を覚えていたように思います。
けれども当の影山は「及川さんには敵わない」と言って及川に憧れて追いかけます。そんな影山のことを、わたしはとても残酷な子だと感じることもありました。

及川徹は天才ではない。
監督も彼のことをそう評しました。
きっと監督以外の人たちからも言われていたかもしれないし、及川は自分でもそうだと思っていたはずです。別に天才になりたかったわけじゃないと思います。けれど、自分が努力して得られるものと天から与えられるものは全く違います。
天才への憎しみや憧れ、劣等感は相当のものだったと思います。
及川が飄々と振る舞っていても隠しきれない翳があるように見えるのは、そういった内面にぐちゃぐちゃしたものを抱え込んでいるように思えたからかもしれません。

そんな彼が殻を破ったのがこの試合でした。
熾烈な試合の中で、及川は自身に向き合って、悟って、そして殻を破りました。
才能は開花させるもの、センスは磨くもの。
30歳になってもないかもしれない。ないと思ったら一生ない。
そう言った彼は、必死に走って、その先にあった机と椅子に突っ込んで、すぐに体勢を立て直してボールを追います。
殻を破ろうと必死に殻の中で暴れているように見えるこの場面がわたしは大好きです。命を燃やす及川がとても美しいのです。

そうして、及川は試合の最後の最後で才能を開花させました。
才能を開花させるのも才能だと、わたしは思います。
そして、岩泉の存在なくしては成せなかったし、対戦相手に影山が居なければ成せなかった、最高のタイミングでした。
影山の目には、はじめから翼を広げている及川が見えていたのかもしれません。

そんな及川が影山の他に毛嫌いしている人物、決勝戦の対戦相手、白鳥沢学園主将の牛島若利。
表情が乏しく口数も少ないくて、何を考えてるのか読み取りにくい。はっきりと分かることは、とにかく強いこと、圧倒的な実力を持っている選手ということです。
これまで白鳥沢のメンバーはウシワカしか登場しません。出てきたと思えば相手を怒らせます。簡単に言えば嫌な奴です。
けれどこの決勝戦では、ウシワカがただひたすらバレーが好きなだけのひとりの選手であることが分かります。
チームを率いて全国を目指していて、理想の選手像になるために実現のために努力をしている、ひとりの男子高校生で、バレー選手です。

俺は
俺達が勝つ事を疑わない
でも 今 初めて 明確に
お前を叩き潰したい 


そんな彼は、感情を露わにしました。今まで数えきれない試合をしてきた中で、初めての感情がウシワカに芽生えたのです。明らかな変化でした。そして、初めて叩き潰したいと思った相手を叩き潰せなかった。けれど、大きな変化を彼にもたらしたと思います。

及川がどこかで変わりたいと藻掻きながら努力していたとしたら、ウシワカはそうではなく、自分を全肯定した上で努力していた所に、この試合を通して突如目覚めたようなイメージをわたしは持っています。

及川とウシワカ、殻を破ったこの二人は、両翼を広げてバレーを続けていくと思うのです。
及川徹と牛島若利という二人の主将にとって大切な瞬間を、舞台という媒体でも見届けることが出来たことは、わたしにとってとても幸せなことでした。


ポエムはこれにて終わりです。ハイステの話をしましょう。


ハイステという作品を最後に観たのは「勝者と敗者」でした。
ネガティブなことから書いてしまいますが、わたしは演出家や一部キャストとの相性があまり良くないと感じて2作品を見送った経緯があります。
いつでも優しくみんなの成長を見守ってくれているはずの武田先生の「先生像」を逸脱した描かれ方、座長を含めた烏野キャスト数名が大切な台詞に被せてふざけて芝居を壊している様子を見ると、悲しい気持ちになります。
また、余計だなぁと感じたり、よく分からないと感じる演出など、今まで個人的にハイステを観ていて首をかしげた部分は今作でも見受けられ、「次回作があるとしたら改善してるといいなぁ」と思ったことを思い出しました。

とは言えども、わたしは作り手側では無いですし自分の思い通りになるとは思っていません。出来上がったものを観てわたしが思ったことです。なのでその辺りは自分で消化していくとして。今作、楽しいと思うこともたくさんあります!楽しいです!


はじめましての役者が数名。
スガさん役の田中尚輝さん、嫌味も癖も無くてスッと入ってくるお芝居。けれどもさらっとしているだけではなくて情熱も伝わってくる。スガさんにぴったり。しかもめちゃくちゃ動けるんですね。びっくりしました。声も好きです。
あと、女子!谷地ちゃん可愛すぎませんか死にました。ちっちゃい。可愛い。あまりにも可愛い。嘘やろ…可愛すぎる…声まで可愛くてリアル谷地ちゃんでした。


1部の青城戦に時間を取っているので、2部の白鳥沢戦は駆け足でダイジェストのようです。アレもコレも削られてるー!という印象です。白鳥沢戦はそもそもが長いですから仕方ないですね。
白鳥沢の攻略法を掴んできて烏野の中で一番ノッている月島が突き指をしてしまう場面がありますよね。ここ、月島が治療を受けているときにとても悔しそうな顔をしますよね。こんなときに!って。そこで読者はウッ…!ってなりますよね。その場面が無い…あったのかな、記憶に無いです。記憶に無いってことはあまり深く描かれていなかったのだと思うのですが…。「大丈夫きっと負けない」と潔子さんに言われてウス…みたいな感じで退場して普通に試合に戻ってくるので、その間の〜〜〜〜!!!!月島の〜〜〜!!!!焦り〜〜〜!!!悔しさ〜〜〜!!!戻ってきたときの戻ってきた感〜〜〜!!!!じっくり描いて〜〜〜!!!ってなりました。余計な演出省けば描けたと思うので残念。
このように大体は省略されているので「この場面は観たい!」っていう期待はせずに観た方が良いかなと思います。5時間演ってください(みんな死ぬよ)。


白鳥沢の!クオリティが!高い!ので!楽しい!最高!


白鳥沢戦は試合開始の際に客席の通路から歩いてくるんですけど(白鳥沢は下手側通路でした)、五色ちゃんが人差し指👆挙げてドヤサァと入場してくるのでめちゃくちゃ可愛いです。
そんな五色ちゃん、鍛治が怒るとピエーッ!って反応するので観て欲しいです。武田先生がふざけて踊るんですけど…「わ、いやだ!」と思って白鳥沢を眺めてたんですよ。白鳥沢のみんなもその踊りを見てるんですけど、鍛治が「殺す!!!」って怒鳴るんです。下手端の方に五色ちゃんが立ってるんですけど、怒鳴った瞬間ピエーッ!ってなってとても可愛いです。あと、とにかく顔が良すぎて兵器の域です。

頼れる獅音さん!獅音さんが打つとき、イヨ〜〜〜〜ッ!って歌舞伎の掛け声がSEで流れて飛び六方するやん。1回じゃないし。何回かイヨ〜〜〜ッ!やるやん。弁慶だけど。弁慶だけども!!!!原作に細かいわたし、怒ると思うやん?もうね、白鳥沢のいろんなことが省かれすぎてるからちょっとでも白鳥沢にスポット当たると嬉しいから。ありがとねって感じです。

瀬見さんは大事なサーブの場面が体感1秒な感じなので瀬見ファンは乙…ってなりますしわたしも川西寄りのおるぺん(KPOPオタク風に言う)なので悔しいです。やっぱり5時間…欲しいですね。
試合中は舞台に瀬見さんも出ずっぱりですし台詞もありますし、すごく瀬見さん。白布にお小言も言いますし、チームのことすごく大切に思ってるのを舞台を観てて感じ取れました。

天童すぎる天童。そんな彼には天童のテーマがあります。天童が踊ります。ぐにゃんぐにゃん。青城メンバーが天童に扮して一緒に踊ります。青城戦ではずっとプンスコしてた京谷役の北山さんがめちゃくちゃニコニコしてて笑いました。

天童のバキバキに心を折るソングの所が日替わりです。先日、膝歩きしながら首に手を当てて(宇宙人の声真似するときにやるやつ)歌い始めて「膝痛い」って言ってて笑いました。このとき五色ちゃんも「何それおもろ!」みたいなワクワク顔でちょっと膝歩き一緒にしてて可愛かったです。そう、可愛いです。

山形は超〜〜〜〜格好良いです。超カラダが動くんですよ…ビックリ人間ショーです。
山形は男前大賞なのですが、高橋さんの山形も男前大賞です。点を取られたときにチームメイトの背中ぽんぽんってやったりする所がとても自然で山形っぽいな!と思っています。

川西は格好良すぎて心の中で泣きました。格好良いです………悔いなし…。理想の川西です。こんな三次元で理想の川西を目にしてしまって良いのだろうか…と思います…。何セット目かの間に上手奥辺りでイヤホンで音楽聴いてるんですけど、何聴いてるんだろう…WANIMAだったらどうしよう…NICKEL BACKにしてください!

白布はずっと目付きから気の強さが滲んでいてとても良いです。役者さんのSNS見てると朗らかな雰囲気なので、よくあの目付きでずっと芝居をしているなぁと思いました。
バレー経験者なのでフォームがあまりにも自然で観ていてとても楽しい!白布を追っているバレーを見ている感覚になります。

ウシワカは体格がリアルで骨太な感じがとても良いです。こちらもバレー経験者なのでとても動きがナチュラルにバレーやってる感じ。
しかしご本人が右利きとは思えないほど自然に左利きでびっくりしますね…相当左手を動かす練習をされたのではないかと思います。
原作よりもすごく鍛治に任せられているというか、むしろ依存されているのでは?と思うくらい希望を託されているように感じました。
結構強調した演出だったのもあって、鍛治の理想のためにウシワカが利用されているというか…うーんこれだと言葉が悪い…なんて言えば良いんでしょうか。託されすぎではないかなとも思ってしまって。
ウシワカの目指す選手像と鍛治の求めている選手像が合致しているし、ウシワカはウシワカで自分の成し遂げたいことを明確に持っていて動いているだけなので良いんですけどね。ウシワカ、いろんなものを背負っているなぁ…と思いました。好きです。


何回も言うんですけど白鳥沢のキャストが本当に良いんですよ………だからこそ5時間くらいこのキャストでじっくり試合を観たかった…(みんな死ぬよ)。


白鳥沢戦の試合が終わって、観客の前に一列になってお辞儀をする所。天童だけがしばらく上を眺めていて遅れてお辞儀をします。
マイクは入っていないけれど、彼が「さらば俺の楽園」と言っていることが分かります。気付いたときの感動たるや。
白鳥沢のキャストが、白鳥沢のことを大切に思って演じているのが伝わるんです。白鳥沢をこのキャストが演じてくれて、そして自分の目で観ることが出来て本当によかった。幸せな気持ちで満たされながら劇場を出て、ふわふわと家路に着いています。

ハイステ白鳥沢キャストが最高だったので悔いがない!(ラノベ)

1. 顔がいい

基本的にわたしは二次元、三次元に拘らず格好良く美しい人が大好きで、美の最骨頂と言ってもいいタカラヅカワールドに時折入り浸っています。
月城かなと、愛月ひかる、澄輝さやと……人間が普段生活していると絶対にお目に掛かることはないような380名を超える美の擬人化を普段から当たり前のように生で目にしているので、審美眼が磨かれすぎていると自覚しています。

そんなわたしが、白鳥沢のキャスト発表を受けて公式を確認しにいった結果、あーーーーーーーはいはいはいはい…なるほどね…はいはいはい…はいはいはいはいはいはい………フーーーーーーーーー・・・と虚空を眺めながらしたためたのがこのエントリです。


白鳥沢って原作の時点でみんな格好良いので、格好良い人たちを集めてくれてありがとうございます、という気持ちです。

 

2. 素で強そう


白鳥沢ファンの人たちみんなこの写真見て感動したと思うんですけど、わたしも感動しました。この写真な〜〜〜!背が高い!平均身長182cmだそうです!!!!強そう!!!!!!

威圧感 と 白鳥沢 は同義語です。

 

 

10000000000兆点満点


3. キャラ解釈違いがない

ゆ〜てちょっとは解釈違いあるやろ…と思って覚悟しながら実際に観に行ったんですけど、解釈違いが全く無くて完璧だったので気が狂いそうです。こういうとき、逆に狂いますよね。

 
狂った結果です。
究極の厭き性なのでトゥイッターアカウント作ってはすぐ消しちゃうんですけど…最近作ったのは今の所はまだあるので気軽にヲチってください!

無駄なことを一切せず、削ぎ落とし、シンプルできっちり。どこまでも堅実。白鳥沢そのものです。完璧すぎるのでこれから観る白鳥沢ファンの方たちは安心して観てください。


二次元でも三次元でも白鳥沢に触れることが出来て、わたしは幸せです。

あんさんぶるスターズ! アルバムシリーズ05『UNDEAD』を買ったぞ!

8月29日、あんさんぶるスターズでの推しユニット・UNDEADのファーストアルバムを買ったので、ファーストアルバムの収録曲のことを書きます。

  • iTunesのリンク貼ってますが、再生する際は音量に気を付けてください。わたしの端末では音がメチャ大きくて思わず泣いてしまいました。
  • パラメータは適当です。低いからといって好きじゃない、わけではないです。

 

Melody in the Dark

過激度  ★★★★★
背徳度  ★★★★★

Melody in the Dark

Melody in the Dark

  • provided courtesy of iTunes


UNDEADが初めて出した楽曲で、初めての曲ということもありわたしはこの曲がかなり好きです! わたしはあんスタを始める際に、コンセプトや見た目がヴィジュアル系っぽいからUNDEADを推そうと決めたので、彼らがヴィジュアル系っぽいと嬉しいです。
この曲はヴィジュアル系の振りがよく似合う曲で、今はあるか知りませんが、逆ダイ折り畳みが出来るなぁと思いました。UNDEADといえばこの曲、みたいなとこある。

君の心に強く深く爪を立てよう
Your heart(Your heart)夜闇に染めて
(逃さない Angel… Wanted!) 


なぁに言ってんだ///

わたしも羽風のガチャを引くときは「ニガサナイエンジェルウォンテ」と思いながらタップしています 〜そしてドブへ〜

 

Gate of the Abyss

背徳度  ★★★★☆
過激度  ★★★☆☆

Gate of the Abyss

Gate of the Abyss

  • provided courtesy of iTunes


深淵の扉…(好き…)
この曲はすごく歌詞がヴィジュアル系でいいですよ…ワンマンライブやるなら1曲目に持っていきたいです。最後のフレーズのメロディーがめちゃくちゃ好きです。

Gate of the Abyss 歌詞【UNDEAD】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)

 

Under world!(Yeah!)
Never end!(Yeah!
Darkness takes you! UNDEAD!
Endless!(Yeah!)
Absolute!(Yeah!)
Darkness takes you! UNDEAD!


なぁに言ってんだ///

元気でよろしい 

 

Darkness 4

背徳度  ★★★☆☆
過激度  ★☆☆☆☆

Darkness 4

Darkness 4

  • provided courtesy of iTunes


この曲最高だから聴いて


ミディアムテンポのロックなんですけど旋律めちゃカッコイイんですめちゃいいですね大好きです!!!!!
歌詞は「UNDEADはこんな精神でお届けてしております」みたいな感じです。孤高な感じがとても好きですね。そうでなくちゃな。

俺たちは誰も求めない 認めない(No one else!)
うたかたの浮世に用はない
確かなものは この身を焦がす渇望さ
闇に染まれ…My world


うるせ〜〜〜!!!!!!
知らね〜〜〜!!!!!! 


Break the Prison

過激度  ★☆☆☆☆
背徳度  ★☆☆☆☆

Break the Prison

Break the Prison

  • provided courtesy of iTunes


ライブの本編ラストとかアンコールで歌いそうな締め曲な感じする。
アンコールで明るい照明がついて客席に向かってTシャツになった羽風薫が「じゃあねーーー!!!!!」って手を振ってくる姿が浮かびます。行かないでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ハニーミルクはお好みで

背徳度  ★★★☆☆
過激度  ☆☆☆☆☆

ハニーミルクはお好みで

ハニーミルクはお好みで

  • provided courtesy of iTunes


さあ鳴らして…そのベルを… って歌ったあとすぐ \チーン!/ って聴こえるのが何とも言えない…。一昔前のシドが得意だった曲調です。知らんよな。
落ち着いて彼らの歌声を聴きたい!というときはこの曲がいいかなと思います。歌い継ぎがいい感じです。


DESTRUCTION ROAD

背徳度 ★☆☆☆☆
過激度 ★★☆☆☆

DESTRUCTION ROAD

DESTRUCTION ROAD

  • provided courtesy of iTunes


疾走感があってヒーローショーで演っても違和感ないくらい明るめの曲です。楽しそうに歌う羽風薫の顔を想像するだけで笑みがこぼれます。可愛い。


Valentine Eve's Nightmare

背徳度  ★★★★☆
過激度  ★★★☆☆

Valentine Eve's Nightmare

Valentine Eve's Nightmare

  • provided courtesy of iTunes

 
大人っぽい曲です。歌の上手い声優さんの集まりなのでさらっと歌っているように聴こえるんですけど結構難しい曲な気がします。さらっと歌うのカッコイイかよ。

Death Game Holic

背徳度  ★★★★★
過激度  ★★★★★

Death Game Holic

Death Game Holic

  • provided courtesy of iTunes


これはUNDEADメンバーから朔間さんと大神くんが参加してるデッドマンズというユニットの楽曲なんですけどね。

UNDEADメンバーで録り直して欲しかった。

………と思いました…………でも好きな曲です(スン)
イントロのジャーーージャ!ジャージャ!っていうギターのイントロがギャ心をくすぐります。最初の4秒だけガゼットみたいです。ギターがカッコイイんですよ!!!カッコイイ曲でとても好きなので、UNDEADメンバーで…聴きたかった…ああ……

 

Bloody Moon Vampire/朔間零ソロ

背徳度  ★★★★☆
過激度  ★★★☆☆

Bloody Moon Vampire

Bloody Moon Vampire

  • provided courtesy of iTunes


朔間零さんのソロ曲。ジャズみ。何らかの帽子を被って歌って欲しい。タカラヅカの男役みたいな被り方して欲しい。
とても大人っぽくて朔間さんだけの曲だと思いました。「やっぱり朔間さんって大人っぽいな…」ということを感じたんですけど。朔間さんって元は怖いし荒々しい人だけどこういうジャズィ~な曲も歌うししっくりくるわけやん…いやほんとはどういう人なん?ってなる。なんでおじいちゃんになってしまった???この曲を聴いてより謎深まった。でもその謎を含んだ感じがUNDEADのリーダーとして在るべきみたいなとこある。


Feather Heartache/羽風薫ソロ

羽風薫尊い度  ★★★★★(省略)★★★
羽風薫可愛い度 ★★★★★(省略)★★★

Feather Heartache

Feather Heartache

  • provided courtesy of iTunes


イントロのギターリフで既に泣いた。


────────羽風薫。
飄々としておいて、実は金持ちの家で父親との確執を抱えていたり、母性を求めて女の子と遊んでいたり、そしてそのことを女の子に言うと去られてしまう(そりゃそうだ)といったように闇を抱えている、脆く、儚く、とても危うい男なのだ…。

Feather Heartache 歌詞【UNDEAD】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)


歌詞だけ読むと一見ラブソングのように思えるし、希望的な感じも見受けられるんだけども、前述した羽風の状況を考えると、相手に対して聖母像を期待しているような歌詞にも見えてしまい「お、おう…」となります。羽風薫の脆さが浮き彫りになっている曲だと感じました。

羽風薫には幸せになってもらわないと困る。
わたしはマザコンが嫌いである。相手の女性に対して母性を求めるのが無理である…だけど羽風薫のことだけは…どうしても嫌いになれない…………。嫌いになんて、なれるはずないよ…!地雷を越えた愛が、ここにある。
羽風薫自身がもっと精神面が強くなって己の弱さを克服することと、良きパートナーと出逢えることをただ祈るばかりである。幸せにならないと、許さないんだから…。


RIOT WOLF/大神晃牙ソロ

2年生はUNDEADの良心度 ★★★★★
心の健康度 ★★★★★★★★★★★★

RIOT WOLF

RIOT WOLF

  • provided courtesy of iTunes

真っすぐな大神くんの魅力が100%表れているのではないでしょうか。 UNDEADは3年生がアレな分、2年生がとても健やかに育っていて可愛いと思うし安心します。まず犬を大切にしている時点で大神くんは良い子ですよね、信頼できます。 大神くんはロックが大好きなんだなぁってことが伝わってくる、ストレートで気持ちの良いロックです!!!!!

 

Saql Faith/乙狩アドニスソロ

癒やし度   ★★★★★
アラビアン  ★★★★★

Saql Faith

Saql Faith

  • provided courtesy of iTunes


UNDEAD初めてのアルバムの最後を飾る曲がロックでもなく、背徳的でもなく、野獣的でもなく、オリエンタル色全開なポップな楽曲になるとは予想していませんでした。(関東在住/女性/職業・家事手伝わない)

アルバムやぞ……流れ…大事………ロックで締めような?!って思ったけど、この曲めちゃくちゃ好きだから…正味な話めちゃくちゃ気に入ってる。めちゃくちゃ聴いてる。

歌詞がとっても良いんです〜〜〜強くて優しくて、アドニスくんって感じです。
UNDEADが揺らいでしまうときにはアドニスくんがどうにしかしてくれるだろうと思っているほどアドニスくんのことを信頼しているんですけど。
アドニスくんも元は何か事情を抱えていて朔間さんに助けてもらったことから朔間さんやUNDEADをとても大切にしていますよね。 この曲はアドニスくんの決意たるものを感じ取れる歌詞になっています!!!

曲名よく分からなかったんですけど、こういうことらしいです!


そういうの大好きだから〜〜〜!アドニスくんかっけえ〜〜〜!!!
あと「罪そのものの概念を覆そう」っていう考え方すごく良いですね…
アドニスくん締めで良かったのかもしれない…。アドニスくんが居てくれてよかった。

 

物を増やしたくないのでiTunesでいいかなと思ってたんですけど、来年1月の日本武道館の先行申し込み券が入っているってことだったので円盤で買ったんですよね。
結局日本武道館の日、別のライブ行くことになってしまってチーンだったんですが、推しユニットのファーストアルバムをこうして手に取ると…やっぱり良いものです…。

f:id:zigxzag:20180910202343j:plain
大神くん、字が綺麗だよね。まとも。



アルバムを購入してから聴きこもうと思っていた矢先、申し込んでたアイドルのドームツアーの当落であたふたしたり、推してたアイドルグループのメンバーがわいせつ罪で立件されたり、昔からヴィジュアル系やってるオッサンが元嫁に暴露垢で色々晒されてて祭りじゃーってなるかと思ったら子ども虐待してて全く笑えなかったり(はよ逮捕されろ)とにかく忙しかったので聴くのが遅くなってしまいました。

新たに聴いたのはソロ曲だけなので特に新鮮さはないのですが、推しユニットのファーストアルバムという概念がとても良いです。みんなも推しユニットのアルバムが出たら買おう。

悲伝 小倉で暇を持て余したオタクたちの記録

7/5
Gちゃんと小倉へ遠征する。遠い。小倉駅のバス乗り場で、よく分からなくてぐるぐる乗り場をうろついた。円環に取り込まれた…?
夜公演が始まる直前の18時頃一斉にアラームが鳴った。携帯の電源切ってないオタクが多すぎるということが分かった。
刀ステは相変わらず話がしっくり来なくて考えることを放棄してしまった。大般若長光の格好良すぎる顔をめっちゃ見た

7/6
会場付近は全然雨は強くなくて一見何も問題がなさそうだったけど、2つの川に挟まれていたし氾濫の恐れがあるとのことだったので、無理かもなと思っていた。念の為パンとか買っておこうとコンビニに出向いてついでに会場に行ってみたら11時頃になんたら〜みたいなことを言っていて、この時点でまぁもう無いな…とほぼ確信した。
Gちゃんと別れて自分の部屋に戻った。どうでもいいことだが、わたしたちはお腹をよく壊すのと、歯ぎしりがヤバイのでいつも別々に部屋を取っている。
案の定マチネは中止になって、この調子じゃソワレもダメだなと思ってしょんぼりして、やっぱり中止だったのでfeat.しょんぼりだった。
Gちゃんに「やっぱり中止だった」って連絡したけど、返事が来ない。絶対寝てる。寝てる!!!!!こんなときに!!!!!

f:id:zigxzag:20180709221830j:image

合流してホテルのカフェに行って話をする。カフェから見える景色は、すごいことになってるとは思えないほどの小雨で、なんならたまに止んでるし、これがものすごい雨だったら納得できるのに、起きていることと視覚からの情報が乖離しているせいで、正確な状況の判断がつかなかった。

「自然はどうしようもない…誰が悪いわけでもない…仕方ないこと…でもこの気持ち…どこにぶつければいいの…」

という振りからの

「天だよ!!!」

という鶴丸の真似を何回かした…S谷T之バージョンの…本当に悲しかったのに悲しい気持ちがこの文章では伝わらないと思う…でも本当に悲しかったのだ…

わたしたちはその日もそのまま宿泊したので、Gちゃんの部屋でねるねるねるねを作ったりMステを観たりキンプリの平野くんを始めとしたメンバーを教えてもらったり、刀ステメンバーの真似をして過ごした。

f:id:zigxzag:20180709231713j:image
2番の粉を入れ忘れるという痛恨のミス

f:id:zigxzag:20180710001938j:image
深夜の会場に現れた地縛霊


7/7
早朝に起きて、ホテルからタクシーに乗ろうと一瞬思ったけど、ホテルについてたタクシーのおっさんが普通に寝てて、我々の気配に気付いて起きた。こんな辺境の地で(失礼)寝起きのおっさんの運転に身を任せられないと思った。そしたらすぐに普通にバスが来たので乗った。大正解。安心。臨時の新幹線が出てたので、それに乗って博多へ。お土産をいっぱい買ったりちゃんとしたご飯を食べた。
わたしは関東と関西を反復横跳びしがちだから、年会費払うエクスプレス予約を使ってるんだけど、新幹線を使う人は絶対にスマートEXに登録した方が良い!これは無料。スマホで新幹線予約できるし、変更もすぐできるし払戻もできるし、スマホでシュッて新幹線予約したらそのまま改札ピッてすればすぐ乗れる。みどりの窓口に並ぶことは一生無くなると思う。

小倉に行きたいから行ったわけではなくて、東京のチケットが取りにくいから地方公演を観ようってことで小倉にまで行ったのに、小倉でも観れないとかなかなかにしんどいと思った。耳が気圧に弱いので飛行機に乗るとありえないほど痛くなる。飛行機用の耳栓しても痛い。そんな思いまでして…観れないとか…そんな…
チケット代は返ってくるけど円盤代は返ってこないので虚無感がある。二次オタとか若排オタは円盤積むことに慣れてると思うけど普通に変だからな!!!ヅカオタに円盤買わないと最速先行の権利を得れないって言うとドン引きされるからな…ヅカオタにドン引きされるんだぞ…

ラーメンもモツ鍋も明太子も通りもんもなんばん往来も美味しいし博多の地下は買い物がしやすいし福岡空港から博多駅へのアクセスの良さ、移動のしやすさは素晴らしいものがあるしわたしは福岡がとても大好きだが、今後、観たい舞台の福岡公演が博多座でやらない限り、遠征として福岡に行くかどうかは慎重に考えようと思った次第

初演から観ていたシリーズの集大成…毎度チケットを取るのがとてもとても大変…幾度と繰り返されるオタクたちの学級会…そんな中戦い続けて追いかけてきた公演がこんな終わり方で正直トラウマ…頑張ってこ!

5月+6月

宝塚スカイツリーコラボに行ってきたよ!


エレベーター、多分各組ごとに分かれてるはずなのに行きも帰りも星組だった…

f:id:zigxzag:20180513233739j:plain

f:id:zigxzag:20180513233750j:plain

タケル!


エレベーターを上がると歴代トップスターの写真が壁面に貼られていた。あとからカメラロールを見返した所、興奮が伝わる写真が収められていた。

f:id:zigxzag:20180513233606j:plain

f:id:zigxzag:20180513233617j:plain

f:id:zigxzag:20180513233629j:plain

f:id:zigxzag:20180513233714j:plain


自慢の彼氏です♡♡♡♡♡♡

息をするように嘘を吐く

f:id:zigxzag:20180513233813j:plain
綺麗だね、けいくん…

f:id:zigxzag:20180513233832j:plain

f:id:zigxzag:20180513233839j:plain

f:id:zigxzag:20180513233850j:plain

f:id:zigxzag:20180513233901j:plain

f:id:zigxzag:20180513233912j:plain
シャンシャンだよ!けいくん!

 

カロリー

f:id:zigxzag:20180503221537j:plain

タコのカルパッチョ 10皿食べたい程に美味しいです

f:id:zigxzag:20180503221618j:plain

メキシコ風サラダ

f:id:zigxzag:20180503221629j:plain

なんとかのピザ

f:id:zigxzag:20180503221638j:plain

ガーリックブレッド。これはやばい。おそらくニンニクをすりおろしたやつにニンニクのフレークが乗っててそれをパンの間に押し込んで食べる。わたしがバンパイアだったら5000回死んでると思う。でも美味しい。

f:id:zigxzag:20180503221609j:plain

トマトとモッツァレラとガーリックパスタ。一見ただのトマトとモッツァレラのパスタに見えるけどニンニクゴロッゴロ入っている。味はめちゃ美味しい。

大好きなんだけどデートとか翌日仕事とかの人にはオススメしない。そして食べたあと息をせずに真っ直ぐ家に帰ることが大切

 


f:id:zigxzag:20180621161553j:image
f:id:zigxzag:20180621161618j:image
f:id:zigxzag:20180621161609j:image


 
f:id:zigxzag:20180621161625j:image

 

観劇

宙組天は赤い河のほとりシトラスの風 -Sunrise-』 

 

星組『ANOTHER WORLD/KILLER ROUGE』

f:id:zigxzag:20180621161559j:plain

タカラヅカランドに遠征
星組観たいっていうのもあるけど、お目当ては4月に宝塚に入団した104期生の初舞台口上とラインダンス*1です!

f:id:zigxzag:20180621161745j:image

りりーたんの口上と、初舞台の姿を観たかったのです。


f:id:zigxzag:20180621161749j:image

リリーたんの口上はとても立派&立派、そして立派だったし更に言うと立派、feat.立派でした。素晴らしかったです。
お芝居にも出ててすごかったしロケットもすごく良かったです。花組に配属されたのでわたしと一緒にリリーたんを応援してください。うわ〜〜〜ん入団おめでとうございます!
104期生の男役はリリーたんを推しますが、娘役は雪組配属になった麻花すわんちゃんがもうありえん可愛いです…

6月は少しだけ観劇に行ったりライブに行ったりお茶会に行ったけれど、諸事情でいっぱいいっぱいであまり記憶がありません…楽しいこともあったけれど、人生でそうそう体験することのない悲しみに打ちひしがれる月でした。頑張って生きていこうな!

*1:

グレイヴタウンの世界に遊びにいってきたよ!/Leetspeak monsters 1st ONEMAN TOUR『Life and Death Tour 〜生者と死者の夜〜』

グゥ〜〜〜ッドイブニング
以前、茶の間の分際でこのような記事を書きましたが、先日初めてリートのライブに行ってきました。

 

f:id:zigxzag:20180604213852j:plain

Leetspeak monsters 1st ONEMAN TOUR
Life and Death Tour 〜生者と死者の夜〜 東京公演@高田馬場 CLUB PHASE


現場を離れていた間にドリンク代が500円から600円になっていたり、チェキの値段はわたしがチェキを買っていた時代よりも2倍の高さになっていて驚きました。バンドによって違うのでしょうか。たっか…!たっかーーー…!と思いながら記念に買いました。オタクはチェキとガチャが好き。当のマークが付いてたのがあったのですがよく分からなくて何もしませんでした。あんさんぶるスターズのスカウトガチャにウン万使って、結果爆死したばかりだったので、「当」の文字だけでも見れて嬉しかったです。

UNDERCODEという事務所が好きでした。所属していたバンドみんな好きでしたが、ヴィドールというバンドも好きでした。曲が面白くてボーカルの樹威さんの声も特徴があって、ヴィドールはとてもいいバンドでした。『とりかぶと』『…サンガコロンダ!!』『新聞マスコミ関係者の皆様へ』『Chocoripeyes』という曲が特に好きでした。そんなヴィドールのメンバーだったラメたんがバンドをプロデュースする側に回っているということが、それだけの年月が経ったことを物語っています。ラメたんはよくミルキー(飴)をライブ中にばら撒いていて、それをキャッチしてはライブ終わりに舐めました。わたしにとって、ミルキーはママの味ではなく、ラメの味でした。

リートのライブは想像していたよりもずっと上手くて凄くて楽しかったです。音源って何回も録音して最高の状態だと思ってるのですが、全然音源に引けを取らないというか、むしろ音源よりも生っぽさが加わるので より格好良く聞こえました。すごく上手い。クオリティが高い。ていうかめちゃくちゃ楽しかったです。まじで楽しかったです。

整理番号はわりと良かったのですが、初めてだし迷惑かけたくないなぁと一緒に来たGちゃんと協議の末、かなり後ろの方に立ちました。段差のない箱なこともあってあまり視界は良くなくて、もう少し前に行けば良かったなと反省しました。最前列じゃないならもはや後ろに居たいみたいな精神だったので…。それでもじゅうぶん楽しかったです。楽しかったしか言ってないな?!でも楽しかったから!

ドメさんは歌や盛り上げるのが上手で、初めてでもとても楽しむことができました。初めてだとノリに付いていけるかっていうのが不安になるのですが、こうやってーって教えてくれたり、あとは好きにノッてて良いよって言ってくれるから安心して楽しめた感じでした。雰囲気を操ることに長けてる人だなという印象を受けました。
ヨッシュさんは絵本の読み聞かせコーナーが面白かったです。「メンヘラかよ」というツッコミをされていて笑いました。面白い人だなぁと思いましたが、ギターは格好良くてギャップ!ってなりました。
ユースキスさんはとても美しかったです。美しすぎて、人の頭の間からたまに見えるとぎゃっ!ってなりました。美しいのですが彼のベースから静かなオラオラな情熱を感じ取りました。
わんわんさんは、わたしたちにリートを教えてくれた福岡のわんわんさんのファンの子がいつもわんわん言っているので、わんわんさんの姿を見たときは(本物のわんわんだ!)と思いました。当たり前体操。振付講座みたいなコーナーのときに客席に降りていって踊っていて自由で可愛かったです。

ゲストにいらっしゃったのがアグラさん、YAG&KITさんでした。リートのライブに行かなかったらご縁がないようなジャンルの、粗相をしたらカウントダウンの後にチェックメイトされそうなお兄様たちなのですが、パフォーマンスがとても格好良くて素敵でした。楽しかったです。
 
本編終わったあとにメンバーが捌けてスクリーンに告知が流れたのですが、壁際の人たちや後ろの人たちのためにみんな自然に座り始めて感動しました。ありがとう!!!御蔭でちゃんと見えました!!!隣の人がぶつかっただけで謝ってきてくださったり優しい世界でした。当たり前のことかもしれないけど、そういうバンドに通ってなかったので…

ライブ通して思ったのですが、ドメさんがめちゃくちゃ甘やかしてくれる。ドメさんが手挙げてって言うから手挙げたらそれだけでよくできましたって褒めてくれるし、ノッてるだけで褒めてくれる。日常はつらいかもしれないけどショウの間は忘れていいんですよとか言ってくれる。優しい言葉を投げかけながらAshes to Ashesを歌う。とにかく甘やかしてくれる。何なら生きてるだけでドメさんに褒められてる感覚になってくる。一連の甘やかしの中から伝わってきたのは、自分を大切にしろというメッセージでした。優しい墓守の御蔭でしばらく頑張れる気がします。これはドメセラピーです。
Gちゃんもライブ後、近くのデニーズに向かう道すがら「わたしに足りないのは褒められることだ。」と言っていました。ドメ先生───────。


新曲をやってくれたのですが、とても格好良い曲でした。03:00〜です。



これは茶の間オタクが無責任に思って無責任に発言することなのでスルーして欲しいのですが、改めて世界観がとても面白い上に楽曲も良いし上手いことを生のライブを観て感じたので、いつかもっと大きい箱でメンバーさんたちがこだわり抜いた舞台セットで、思い切り表現できるようなライブが実現したら素敵だなぁといった希望を彼らに見出しました。

わたしもGちゃんも11/25のワンマンには必ず行くし(終演後チケット買ったぞ!)、また観たいな〜と観ているうちから思える素敵なバンドでした。福岡のわんわんファンの子に感謝です。リートに出逢ってから毎日楽しそうにしている理由が何だか分かりました。

ライブで聴きたいな〜と思っていた『Black Cat』と『Good night,moon light』を聴けなかったので、いつか聴けますように。

あまりにも久々にライブハウスに行って、ライブってこんなだったなぁとGちゃんとしみじみしてしまいました。そしてやっぱりライブは良いものだと思いました。すっかりこの身体は劇場のものになってしまいましたが、わたしの魂が還るとしたらライブハウスなのかもしれません。


Leetspeak monstersオフィシャルホームページ

Leetspeak monsters (@LeetspeakM) | Twitter

D13(ドメ)💀Leetspeakmonstersꉂ ◟(˼●̙̂︎ ̟ ̟̎ ̟ ̘●̂︎˻) (@lsmD13) | Twitter

吸血王子ユースキス🦇Leetspeakmonsters (@leet_bass) | Twitter

Yo'shmeer/L_s_m (@yoshmeer_gt) | Twitter

ダイ ウルフ (@LSM_drums) | Twitter

刀ステの悲伝よくわからなかった

f:id:zigxzag:20180606222024j:plain


・舞台は足利義輝が治める室町幕府の時代
足利義輝の死に際し、いくつもの刀から成る「鵺と呼ばれる」特異な存在が現れる(以降鵺)
・三日月は鵺と対峙するが倒さずに逃がす。その様子を燭台切が見ており、軍議でも見ていないかのように振る舞う三日月の謎の行動に疑いを持つ
・時間遡行軍は遡行経路を分析していて、本丸の位置を特定し奇襲をかける
・奇襲してきた中に鵺もいて、再び三日月は対峙する
・燭台切の疑念(三日月が怪しい行動を取っている)が確信に変わり、三日月と戦う
・まだ折れるわけにはいかないと、三日月が燭台切を斬る
・その様子を山姥切が発見する
審神者が巨大な遡行経路を作り、時間遡行軍を強制的に遡行させて事態を収束させる
・三日月は鵺に誘われ、共に時間遡行軍たちと遡行し、同時に大般若と骨喰が行方不明となる
審神者が就寝している間に、鶴丸、鶯丸、大包平が三日月たちを捜索することを志願し、三日月を本丸に連れ戻して刀解させるか、その場で折ることのどちらかを遂行することがミッションとして決定する
審神者が三日月の刀解の儀式に取り掛かるが、力が及びにくい所に三日月が存在していることと、三日月自身が刀解に抗っていることもありなかなか刀解に成功しない
・天が割れ、山姥切が「結いの目」の中に取り込まれる
・結いの目の中で、三日月と山姥切が対峙する
・山姥切と約束を交わし、三日月が刀解される
・三日月の居なくなった本丸の様子と、三日月が顕現される描写で終演

・たくさんの時間軸(世界線?)があり、その時間軸それぞれに本丸がある
  例)
  時間軸A
  時間軸B → 舞台となっている本丸がある時間軸
  時間軸C
・三日月はループし続けている。
・三日月がループし続けているうちに、変異が起きるようになった
・変異とは義伝で起きたループをはじめとしたもの
・その変異によって歴史が微妙に絡み合って結いの目ができる
・結いの目を辿ることで本丸の位置が判明した
・結いの目の発端(起点)=三日月である
・歴史を守ることも変えようとすることも徒労なのではないかと三日月は考えている
・なぜ三日月がループするようになったのか、三日月の行動理念は明確に描かれていない

 

腑に落ちないという感情を、観ている間から抱き続けてしまった。理屈はさておき、そういうことなのだな」と思って観ないといけないんだろう。
途方もないループの中で、今回の鵺のように特異な存在が現れたりするときもあって、そのたびに期待したのかと思うと三日月…ってなるし、ループしていく中で、山姥切に希望を見出して山姥切を手助けするようになったのかな~とか思ったり。
もう最初から告白すればいいのに…ループしてるんですって…笑 単純でゴメンな。言った時もあったかもね。
最後の顕現シーン、顕現台詞を言って暗転していく瞬間の表情が何だか翳っているようにも見えてしんどい。あの顕現シーンは、最初に戻ったことを表現しているのか、三日月が居なくなった本丸に新たに顕現した三日月か、どっちなのかな。前者だな。まじで微妙な気持ちになる…。話的にも三日月の可哀想さ的にも微妙な気持ちに…。

わたしはハピエン厨なので! オタクになりたてのときは大丈夫だったけど、歳を重ねるごとに悲しいお話がダメになっていってしまって、分かりやすく救いがないととてもしんどい。悲しい終わり方だったとしても救い要素がないとしょんぼりしてしまう。2年という短い期間ではあるけど、ずっと観てきた結果がこれか…と思うとやるせない気持ちになる。末満先生の作品だからぁ~~~わかってないなぁ〜〜〜とか言われそうな気もするけど、う、うるせーーー!!!うわーん!

三日月がループするようになった理由は?
なぜ三日月がループするようになったのか。
なぜ三日月だけがループしているのか。
何かきっかけがないとループしないとは思うのです。この理由を知りたかった〜!

虚伝再演で森蘭丸が言っていた「今度こそ上様を守る」旨のセリフがずっと引っ掛かってて、森蘭丸自身がループしているか、ループしていることに気付いているかのどっちかかなと思ったんだけど、三日月だけがループしてるとしたら三日月以外はみんな初めての人生なのでループしてることにはならないし、ループに気付くというのはあり得ないのでは?あの本丸のみんなは三日月がループしに行ったあとも三日月の居ない世界で生きていくので、本丸ごとループしてるとは考えられない。でも今回の悲伝では足利義輝が「自分は何回死んでるんだ」って言っていて、辻褄が合わない。森蘭丸足利義輝がループしていることに気付くには、本丸のみんなも一緒にループしないといけないのでは?となんとなく思っているんです。うーん。

森蘭丸自身も三日月とは別にループしてたのではないかという気がした。そしてループに気づいている。ただ、三日月みたいな無限ループではない。森蘭丸がループすることが、結いの目のひとつになっているのではないかな。

n回目のループを繰り返した三日月は顕現時から強いのか。
円環を繰り返すと強くなることが義伝でも出ていて、今回の三日月も圧倒的な強さを見せて刀剣男士たちから「これが円環を繰り返してきた者の強さか」といったことを言われているので、顕現時から強いということなの?と疑問に思った。
いきなり強いとか審神者的にびっくりしない?審神者も三日月がループしてることを知っていて三日月の知らない所で画策してるといいよね…

これはどうでもいいけど、義伝で見たループは三日月も初めてだったよね。あのときの三日月は多分長いことループ体験してるけど、みんなでループに巻き込まれたのは初めてっぽかったよね。 初めてじゃなかったら無駄に「ループしとるんか!」って迫真の芝居してることになる。笑 義伝のループのときにひとりだけ震えがオーバーだったのは自分がループしてることに何かしらの関係があったのかな。ループしたくない!という恐れの表れか。

大包平うるさすぎてワロタ
・軍議の始まりの音するだけで笑うオタク、何?
・長谷部と不動、めちゃくちゃ頼もしい。好き。
・和田雅成の鼻筋と頭身バランス、改めて素晴らしいと思った。
・初演から思ってたけど、各キャストのウィッグ担当誰や?しっかりせえ!
・鶯丸、髪型のせいだけど前ちゃんの美しい顔が半分隠れると思うと勿体ないな。
・鵺、アルルカンのボーカル

 

何かねーーー、うん…あーーーー…うん…って感じで、しっくりきたいなぁ、と思った舞台でした。

天は赤い河のほとり

下村陽子様が携わってくれただけで神

下村陽子様ですよ…最高すぎませんか?超超超すごい人ですよ…そんな超すごい人がメインテーマを作曲してもらったんですよ!コレは凄いことです!


愛ちゃんの登場の仕方とかキキちゃんの登場の仕方とかスタンダードな二次元的格好良さを求めるオタクが大好きな感じですよね。

原作は存じ上げないので特に何も感じなかったのだけど話的には駆け足なのかなあと感じたくらいで。分からない用語があったりどういうことだろうって疑問になった所もあるけど特に気になって仕方ない!という程でもなく…
でもさ…………愛ちゃんがやってた黒太子の血の川?見たかったよね…

誰ルートを攻略するか問題
誰がいい?

カイル(真風)、ラムセス(芹香)、マッティワザ(愛月)、ザナンザ(桜木)…とか居たけどさ…誰ルート行く?わたしはねえ…1時間半ずっと悩みながら観てたんだけど…


ルサファ(蒼羽)…かな………


蒼羽りくさんは彼氏にしたい/彼氏になったら幸せにしてくれそうジェンヌランキングで上位に食い込むでしょ(個人の感想です)

でも真っ先に攻略したいのはラムセス。ラムセスヤバくない?みんな好きなのでは?????ラスト辺りで真風さんとキキちゃんが銀橋で殴り合うシーンしぬかと思った、興奮して…
マッティワザも好きなんだけど若い女が好きみたいなので一生一緒には居られないと思った…


イケメンの宝庫の宙組で少女漫画原作のこの作品を演るにあたって、小柳先生のあの情熱、感じました。

このインタビューを読んでください。


小柳奈穂子先生「宝塚が、乙女ゲームに負けてる場合じゃない

見出しが面白いんだな。演出家インタビュー読むと演出家好きになっちゃうんですよ。
小柳先生が乙女ゲームについて語る。


余談ですが、この上田久美子先生のインタビューも面白いので未読の方は是非。

【前編】宝塚歌劇団 演出家 上田久美子さんインタビュー | WANI BOOKOUT|ワニブックスのWEBマガジン|ワニブックアウト

【後編】宝塚歌劇団 演出家 上田久美子さんインタビュー | WANI BOOKOUT|ワニブックスのWEBマガジン|ワニブックアウト


ちなみにわたしはこの上田先生のインタビューが掲載された時に読んだのですが、特にこの部分が好き。

私の中に常にあるのは“宝塚を良いカタチで存続させるために貢献したい”という思い。

一人の演出家しかいないほとんどの劇団とは異なり、宝塚歌劇団には複数の演出家がいます。ゆえに、私は自分自身を大きい複合ビルの中の個人営業店だと考えているんです。 “うちはフレンチ”“うちはイタリアン”“うちは和食”おのおのの演出家がひとつの店であると。 美味しい店が集まれば、誰もが行きたいビルになる。私自身が寿司屋なら寿司の技能を磨きたい。

 
わたしはこのインタビューを読んで以来、演出家によってクセの違う舞台を観れることが楽しくなりました。

ワニブックスWEBマガジンは、小柳先生のインタビューもあるのでこちらも。

【前編】宝塚歌劇団 小柳奈穂子さんインタビュー | WANI BOOKOUT|ワニブックスのWEBマガジン|ワニブックアウト

【後編】宝塚歌劇団 小柳奈穂子さんインタビュー | WANI BOOKOUT|ワニブックスのWEBマガジン|ワニブックアウト

 

その他思ったこと

・瑠風輝くんと優希しおんくんが裏切ったのショックだった
・ネフェルティティの出番もっと欲しかった
・マッティワザとネフェルティティの話もっとくれ
・愛ちゃんのスローモーション殺陣、スローモーション上手すぎる
・ティトめっちゃいい役!愛海くん良かったね!
・やっぱりまかまどの身長差というか体格差とてもいいな…
・やれやれ!

 

シトラスの風はとーーーーーっても楽しかった!ので珍しくちゃんと書いてみる。

第1場〜第4場/プロローグ

板付きはいいよね、幕が上がって色が目に飛び込んでくるのが華やかでいい!テーマ曲も一度聴くと耳に残るよね。
夢・アモールは真風さんとキキちゃんと愛ちゃんの3人で銀橋渡って欲しかったなというワガママを言ってみる…

第5場〜第7場/ステート・フェア

ステート・フェアー。白いワンピース可愛いんだよね!みりおんも綺麗だったけどまどかちゃんは可愛い系なのでこういう白くてフリフリしたワンピースがとても似合ってて超可愛かった!まどかちゃんの両隣に美風舞良さんと純矢ちとせさんがブリブリの衣装を着て立ってて言葉を失いました。もっと…配置のバランス考えよう?

第9・10場/Soul Spirits

これめちゃくちゃ良かった………すっしーさん格好良すぎでしょ…すっしーさんはダンスの名手Mr.Bojanglesで、周りにダンサーが居て踊るんだけどメンツ(愛月ひかる、蒼羽りく、風馬翔、桜木みなと、和希そら、留依蒔世、瑠風輝、優希しおん/敬称略)がとても良くて、愛ちゃんは重力ないんですか?って思うくらい羽のようなダンスでりくさんは格好良いダンスでそらくんとかキヨくんはしなやかでそれぞれめっちゃ良い。

第11場/アマポーラ

毎日のように岡田先生の『ネオ・ダンディズム!』『ネオ・ダンディズム!Ⅱ』を浴びているわたしは、あの白チャイナを着て銀橋を練り歩きながらPARADISOを歌うキキちゃんが格好良すぎて滾りました。キキちゃん、PARADISO15分くらい歌い続けて欲しい…銀橋往復しながら…

第15場・16場/ノスタルジア

まどかちゃん………!ってなった…歌うま…!!!!みりおんもうまーー!ってなったけどまどかちゃんめっちゃ上手い…技巧とかは全然分からない素人耳だけど、感動したよ…!
舞踏会の場面のてーーーーーーんってってーててんてーーーん♪の音楽好きなんですよ(伝われ!)澄輝さんとか春瀬さんとか着せなくてはいけない人にきちんと白軍服着せてくれるとこ、好きです。キキちゃんが手袋ペン!ってやって決闘挑んだ後の展開を観たいな…

第18場/明日へのエナジー

宝塚が大切にしてるやつですね。岡田先生のレビューって星の導きとか友情とか娘役がポニテして男役と一緒にシャカリキに踊る場面があるけど、いいよね。娘役が格好良く踊ってるの観るの好き。しかし何だかもう美風舞良の圧がすごすぎて美風舞良の記憶しかない…

第23場/Sunrise

男役群舞格好良かったーーー宙組の男役の格好良さ、大切にしたい…

 

レビューとかショーのこと書く気力がいつも無いんだけど今回は書けた!

ほぼ毎日、5分間であっても観てるんです、岡田先生の『ネオ・ダンディズム!』を。毎日のように岡田イズムを摂取しているのです。もうほぼ洗脳に近いのかもしれません。
3月から安蘭けい様に恋をしているので観ているんですけど、安蘭けい様がわたしにロマンチック・レビューの楽しさを教えてくれた!
楽しさが分かると星組の『ロマンス!』の良さや、おじいちゃんなのに北翔海莉さんのために新しいレビュー作品を作った凄さも理解できるようになった。そして「こういうレビューを魅せることが出来る組はいい組なのだ」とヅカオタの先輩が言っていたことが分かるようになった。勢いでごまかせない、こういったゆめゆめしいロマンチック・レビューは宝塚らしいと思うし、今年に入って観たSUPER VOYAGER!やBADDYは現代の感覚を取り入れて色んな人に受け入れてもらいやすいものでとても楽しい。それはもうめちゃくちゃに楽しい。けれど、時代に関係なく宝塚という世界に閉じ込められちゃっている感のあるこういうレビューもとても良いものです。
あと、今回レビュー楽しい〜!ってなったのは振付の先生がほとんど羽山先生と御織先生なのです。この先生方の振付がとても好きなので、ショーやレビューで先生が担当してる場面は楽しい!羽山先生の腕を旋回させる振付(伝わって…)を、長身の手足の長い人が踊るのが特に好きです。逆に若央先生以外の振付だったら楽しいんですよね…

 

宙組生誕20周年で新トップコンビお披露目公演だし、シトラスの風で良かったのではないかなぁなどと思いました。だって真風&星風コンビだもん!風、必要だよ!わたしは楽しかった!!!!!!まかまどトップおめでとう!!!

 

そして東京プログラム、日経枠があきもちゃんでめちゃくちゃ嬉しいです…およよ…

f:id:zigxzag:20180514233052j:image

3月+4月

3月

シルク・ド・ソレイユ『キュリオス』観劇

前回初めてシルクドソレイユを観たのだけど、とても楽しかったので今回も行ってきた。インスタで拡散してねってことでカテコが撮影OKだったんだけどタイミングが分からなかった。今回はスチームパンクな世界観で雰囲気だけでも楽しかった!次回も行きます。

f:id:zigxzag:20180430000411j:plain

舞台『ラ・カージュ・オ・フォール』観劇

木村達成くんの晴れ舞台を観に行った。あんなカーテンコールを経験してしまったらたまらないだろうな。ええ顔しとりました。 

花組ポーの一族』観劇 

フィナーレ最高だった。とにかくフィナーレまじで良かった。ラストシーンのクレーンのことを思い出すとダサすぎて何度でもキレてしまうのでフィナーレのことを思い出すようにしている。

雪組『誠の群像/SUPER VOYAGER!』観劇

全国ツアー相模大野2days!
司馬遼太郎先生の燃えよ剣新選組血風録を何度も読み返していた小学生時代の私…好きと好きのコラボが雪組で実現してとても嬉しかった。彩凪翔くんは雪組の象徴だなって思いました。

安蘭けい様に恋をしたオタク

今まで何度も観ていたはずなのに過去の舞台映像を観ていたら突然恋をしてしまった。完全に安蘭けい様の夢女になってしまったので、夢小説があったら飛びついてしまうと思う。恋してしまったと長年ヅカオタをやっている人に打ち明けたところ、すぐに大量の過去の雑誌や円盤を貸してくれた。安蘭けい様が素晴らしすぎて誇張なしに涙を流しながら観ている。流石にボロ泣きはしてないけど、マジで静かに涙を流して観ているのでそれはそれでヤバイなとは思っている………

4月

舞台『刀剣乱舞』のチケットを取った

ヅカオタの友達に刀ステのチケットの最速先行に参加するには円盤を買わなきゃいけないという話をするとドン引きされる。おかしいもんね。分かる。
初日はTDCの上映会で観て、観劇は福岡公演のみの予定!北九州ソレイユホールは虚伝振りなので楽しみです。台風来ると思う(予言すな!)
北九州の日程、よりにもよって星組の新人公演だったりめちゃくちゃ行きたかった人のお茶会が被ってて泣く泣くそれらを諦めて刀ステに行くので絶対に刀ステを楽しんでみせるぜ…

宝塚音楽学校104期生文化祭をスカステで観た

3月にあった宝塚音楽学校卒業式から気になって応援している子が居る。

f:id:zigxzag:20180429172256j:image

渋いのだが本名はリリーちゃん。

f:id:zigxzag:20180430025841j:image

4月に入ってすぐにスカステで文化祭が放送された。この時はまだ入団してなかったのだけど、どのお衣装も似合っていて素敵だった!
リリーちゃんは芸名を「青騎司」と決めた。男らしい芸名を付ける子が好きなので最高だなと思った。気になることと言えば組配属。月組顔だけど、何組になるか楽しみ。


あとは和奏樹くんは職人系のいい役者になりそうな予感しかしていないので注目しています。

月組『カンパニー/BADDY』観劇

お芝居もショーも楽しかった!お芝居の方は奥様を亡くしたサラリーマンが新しい環境や出逢いを経て前を向いて歩いていくという内容で、あまり評判は良くないようなのだけど、わたしは観ていてポロポロ泣いてしまったし元気が出た。
ショーの方は初めて女性演出家が大劇場のショーを任されたということも喜ばしいことだけれど、とびきりぶっ飛んでいて攻めた作品を持ってきて挑戦してくれたことが嬉しかった。もうBADDYのようなショーを観ることはなさそうだし、似たようなショーはこれからあったとしてもBADDYを超えるものは観れない気がしている。

星組 奏碧タケルくんのお写真更新

あたし、タケルはいい男役になると思うわ!と応援している星組の奏碧タケルくんのお写真が更新されたのだが、仕上がりのスピードが速すぎて戸惑っている。少しずつ格好良くなっていく姿を見守っていこうと思っていたけど想像以上に速い…。

f:id:zigxzag:20180429190826j:plain


タケルくんは笑顔が可愛いんだけど、プログラムに掲載される写真では微笑みすら浮かべずきりっとした表情をしている。これが結構珍しいことで、9割くらいの生徒は笑顔だったりほんの少し微笑んでいるので、全く微笑んですらない生徒は本当に少ないのだ。

そんなタケルくんは最新の生徒名鑑に好きな食べ物「ケンタッキーフライドチキンの物」と追加していた。「ケンタッキーフライドチキンの物」って何なの。かわヨ!

ハイステの白鳥沢キャスト発表 

白鳥沢ハッピーセット



3月と4月は元気な時と気が滅入る時の差が激しくて苦労してしまい、重そうな内容の舞台は観に行くのをやめてしまったりとオタクとしてポンコツだったけど、5月はもうちっと元気な日が増えると良いなと思っちょる

笑顔で自分らしくハッピーに!(和田雅成)

ハイステの白鳥沢キャストが可愛くてハッピー

ハイキュー!!では白鳥沢が最も好きだ。

あんスタのユーザ名も白鳥沢カツ子としてプレイしている。「白鳥沢」や「白鳥沢ちゃん」などとキャラクターから呼ばれている。まあそれは良いとして、かつてハイステに行っていた時に「いつか白鳥沢が出たらどうしよう」と思ったことがあった。

この「どうしよう」はほぼネガティブな感情で占めており、原作を愛するがあまりに解釈違いが起きたらどうしようだとか、俳優が炎上したらキャラクターを軽んじられた気持ちになってツライ思いをするのではないかとか、そういった類の心配だった。

解釈違いについては菅原先輩が田中先輩をビンタしたり蹴ったりとか暴力を冗談でふるうとか何かめっちゃ割り込んで空気を乱す翔陽とかそういう演出のことで、好きな役者が居たから乗り越えることが出来た部分もあった。勿論楽しいという気持ちがあるから観ていたのだけど、楽しいとモヤる気持ちを天秤にかけて後者が勝った瞬間があり、好きだった役者が降板したのも重なって足が遠のいてしまった。

そんなカツ子だけど、果たして白鳥沢が出たら観に行くのか?ということを考えた。ハイステを知っているからこそ、動いてる姿を観た時の喜びも知っている。けれどもしんどみを感じることも経験している。分からない未来のことを考え自分が傷付くことを恐れて考え込んでし

 


可愛くない??????????

 

f:id:zigxzag:20180427213833p:plain

 

カツ子ビックリしちゃった


めっちゃエグい炎上しても耐え忍ぶことが出来る気がした。でも炎上はしないで。実際は耐えられない。鍛治めちゃくちゃ可愛くない?トレブロとか当てたいよね。実際に動いたらまた印象変わると思うんだけどちょっと語るわ!
 

牛島若利

f:id:zigxzag:20180427221715j:plain

可愛い。俳優になって間もないんだね。いいね。いい男ってのはね、人前に立つべきなんだよ。あたしゃそう思う
ウシワカちゃんだけはじまりの巨人に出るんだよね!ウシワカちゃんに対して色々な気持ちを持ちすぎてて(可愛いとか可愛いとか可愛いとか)言葉がすぐに出てこない。

 

瀬見英太

f:id:zigxzag:20180427221727j:plain

小言似合いそう!!!!
やっぱり瀬見さんといえば小言みたいなとこあるから(冗談です)。とても可愛い。瀬見さんはさ、スガさんとトビオちゃんみたいに後輩の方がメインで試合にセッターとして出てるわけで…試合に参加する時間としては短いけどきちんとインパクトのある良い選手だよね!!!

大平獅音

f:id:zigxzag:20180427221742j:plain

拙僧な!!!!!拙僧めっちゃ良かったの覚えてる!!!獅音さんは白鳥沢の良心なので…大切な人なので…大切なんです…そして大切…白鳥沢の芯っていうのかな…獅音さんという芯があってこの白鳥沢のチームのスタイルが出来てるみたいなそんなイメージ持ってるから個人的にすごく大切な人なんだよ。

天童覚

f:id:zigxzag:20180427221752j:plain

天童って普通の人とは違うというかショタのときもバケモノとか言われてたしそういうとこ出していかなきゃいけないけど誰よりも普通な面もあってバランスが難しい存在だと思うんだよね…

五色工

f:id:zigxzag:20180427221802j:plain

五色ちゃんといえば恐らく白鳥沢で一番二番を争う人気キャラだよねきっと。五色ちゃんの人選を外すと厳しいなって思っていたら可愛くて安心しちゃった。エべレストの頂上レベルからウエメセで物申してしまったけどめっちゃ可愛くて山から降りました。

白布賢二郎

f:id:zigxzag:20180427221815j:plain

白布ちゃんは五色ちゃんと一番二番を争う人気キャラだと思うんだ。知らんけど。だから白布ちゃんも人選外すと厳しいかなってエベレストの頂上目線で思っていた。めちゃ可愛くて山から降りました。ウィッグの色も良い。
日本郵政のCM「はじめてのお給料篇」見たことある!ATMから金おろして通帳眺めて笑みを浮かべながら黒塗りの高級車に乗り込んでた人ですね!

川西太一

f:id:zigxzag:20180427221827j:plain

いってんしんにょうくん!川西が忘れられずに舞台に出るの安心した!アニメスタッフはエンディングで川西描いてくれないからさ!(一生根に持つ)
みそさんに言われて思い出したけどカツ子が作ったbotでさ…

 実現しちゃったな…………!いやーーー顔が…めちゃ…かっこいいですね涼しげで…

 

山形隼人

f:id:zigxzag:20180427221837j:plain

ハスキー犬かよーーーーーー!!!!!って叫んだもんね。男前大賞。
KPOPアイドルだったら筋肉キャラでラップ担当してアクロバットさせられてそうなリーダーって感じする。携帯忘れそうな感じで格好良い下山🗻

鍛治

f:id:zigxzag:20180427221853j:plain

早くグッズ欲しい。

 

正直言うと白鳥沢がウォーリー先生にめちゃくちゃにされるのを恐れてたしこれからも怖いんだけど、白鳥沢が漫画やアニメに加えて舞台というコンテンツでも表現されるって喜ばしいしカツ子も嬉しいなって思ったし、しんどさよりも楽しさを見つけるのが上手なので、ポジティブな気持ちをもって観に行きたいと思っている!チケット取れることを願ってる──────────。