ジグザグ!

ジグザグ!

愛するには短すぎる

グレイヴタウンの世界に遊びにいってきたよ!/Leetspeak monsters 1st ONEMAN TOUR『Life and Death Tour 〜生者と死者の夜〜』

グゥ〜〜〜ッドイブニング
以前、茶の間の分際でこのような記事を書きましたが、先日初めてリートのライブに行ってきました。

 

f:id:zigxzag:20180604213852j:plain

Leetspeak monsters 1st ONEMAN TOUR
Life and Death Tour 〜生者と死者の夜〜 東京公演@高田馬場 CLUB PHASE


現場を離れていた間にドリンク代が500円から600円になっていたり、チェキの値段はわたしがチェキを買っていた時代よりも2倍の高さになっていて驚きました。バンドによって違うのでしょうか。たっか…!たっかーーー…!と思いながら記念に買いました。オタクはチェキとガチャが好き。当のマークが付いてたのがあったのですがよく分からなくて何もしませんでした。あんさんぶるスターズのスカウトガチャにウン万使って、結果爆死したばかりだったので、「当」の文字だけでも見れて嬉しかったです。

UNDERCODEという事務所が好きでした。所属していたバンドみんな好きでしたが、ヴィドールというバンドも好きでした。曲が面白くてボーカルの樹威さんの声も特徴があって、ヴィドールはとてもいいバンドでした。『とりかぶと』『…サンガコロンダ!!』『新聞マスコミ関係者の皆様へ』『Chocoripeyes』という曲が特に好きでした。そんなヴィドールのメンバーだったラメたんがバンドをプロデュースする側に回っているということが、それだけの年月が経ったことを物語っています。ラメたんはよくミルキー(飴)をライブ中にばら撒いていて、それをキャッチしてはライブ終わりに舐めました。わたしにとって、ミルキーはママの味ではなく、ラメの味でした。

リートのライブは想像していたよりもずっと上手くて凄くて楽しかったです。音源って何回も録音して最高の状態だと思ってるのですが、全然音源に引けを取らないというか、むしろ音源よりも生っぽさが加わるので より格好良く聞こえました。すごく上手い。クオリティが高い。ていうかめちゃくちゃ楽しかったです。まじで楽しかったです。

整理番号はわりと良かったのですが、初めてだし迷惑かけたくないなぁと一緒に来たGちゃんと協議の末、かなり後ろの方に立ちました。段差のない箱なこともあってあまり視界は良くなくて、もう少し前に行けば良かったなと反省しました。最前列じゃないならもはや後ろに居たいみたいな精神だったので…。それでもじゅうぶん楽しかったです。楽しかったしか言ってないな?!でも楽しかったから!

ドメさんは歌や盛り上げるのが上手で、初めてでもとても楽しむことができました。初めてだとノリに付いていけるかっていうのが不安になるのですが、こうやってーって教えてくれたり、あとは好きにノッてて良いよって言ってくれるから安心して楽しめた感じでした。雰囲気を操ることに長けてる人だなという印象を受けました。
ヨッシュさんは絵本の読み聞かせコーナーが面白かったです。「メンヘラかよ」というツッコミをされていて笑いました。面白い人だなぁと思いましたが、ギターは格好良くてギャップ!ってなりました。
ユースキスさんはとても美しかったです。美しすぎて、人の頭の間からたまに見えるとぎゃっ!ってなりました。美しいのですが彼のベースから静かなオラオラな情熱を感じ取りました。
わんわんさんは、わたしたちにリートを教えてくれた福岡のわんわんさんのファンの子がいつもわんわん言っているので、わんわんさんの姿を見たときは(本物のわんわんだ!)と思いました。当たり前体操。振付講座みたいなコーナーのときに客席に降りていって踊っていて自由で可愛かったです。

ゲストにいらっしゃったのがアグラさん、YAG&KITさんでした。リートのライブに行かなかったらご縁がないようなジャンルの、粗相をしたらカウントダウンの後にチェックメイトされそうなお兄様たちなのですが、パフォーマンスがとても格好良くて素敵でした。楽しかったです。
 
本編終わったあとにメンバーが捌けてスクリーンに告知が流れたのですが、壁際の人たちや後ろの人たちのためにみんな自然に座り始めて感動しました。ありがとう!!!御蔭でちゃんと見えました!!!隣の人がぶつかっただけで謝ってきてくださったり優しい世界でした。当たり前のことかもしれないけど、そういうバンドに通ってなかったので…

ライブ通して思ったのですが、ドメさんがめちゃくちゃ甘やかしてくれる。ドメさんが手挙げてって言うから手挙げたらそれだけでよくできましたって褒めてくれるし、ノッてるだけで褒めてくれる。日常はつらいかもしれないけどショウの間は忘れていいんですよとか言ってくれる。優しい言葉を投げかけながらAshes to Ashesを歌う。とにかく甘やかしてくれる。何なら生きてるだけでドメさんに褒められてる感覚になってくる。一連の甘やかしの中から伝わってきたのは、自分を大切にしろというメッセージでした。優しい墓守の御蔭でしばらく頑張れる気がします。これはドメセラピーです。
Gちゃんもライブ後、近くのデニーズに向かう道すがら「わたしに足りないのは褒められることだ。」と言っていました。ドメ先生───────。


新曲をやってくれたのですが、とても格好良い曲でした。03:00〜です。



これは茶の間オタクが無責任に思って無責任に発言することなのでスルーして欲しいのですが、改めて世界観がとても面白い上に楽曲も良いし上手いことを生のライブを観て感じたので、いつかもっと大きい箱でメンバーさんたちがこだわり抜いた舞台セットで、思い切り表現できるようなライブが実現したら素敵だなぁといった希望を彼らに見出しました。

わたしもGちゃんも11/25のワンマンには必ず行くし(終演後チケット買ったぞ!)、また観たいな〜と観ているうちから思える素敵なバンドでした。福岡のわんわんファンの子に感謝です。リートに出逢ってから毎日楽しそうにしている理由が何だか分かりました。

ライブで聴きたいな〜と思っていた『Black Cat』と『Good night,moon light』を聴けなかったので、いつか聴けますように。

あまりにも久々にライブハウスに行って、ライブってこんなだったなぁとGちゃんとしみじみしてしまいました。そしてやっぱりライブは良いものだと思いました。すっかりこの身体は劇場のものになってしまいましたが、わたしの魂が還るとしたらライブハウスなのかもしれません。


Leetspeak monstersオフィシャルホームページ

Leetspeak monsters (@LeetspeakM) | Twitter

D13(ドメ)💀Leetspeakmonstersꉂ ◟(˼●̙̂︎ ̟ ̟̎ ̟ ̘●̂︎˻) (@lsmD13) | Twitter

吸血王子ユースキス🦇Leetspeakmonsters (@leet_bass) | Twitter

Yo'shmeer/L_s_m (@yoshmeer_gt) | Twitter

ダイ ウルフ (@LSM_drums) | Twitter