ジグザグ!

舞台『刀剣乱舞 ジョ伝 三つら星刀語り』

f:id:zigxzag:20171227185912j:plain

序伝 跛行する行軍
西暦2205年。
歴史改変を目論む「歴史修正主義者」が過去への攻撃を開始した。
対峙する時の政府は歴史の守りとして「 審神者さにわ」なる者を過去へと派遣する。
物の心を 励起れいきする審神者の力によって生み出された、刀剣に宿りし付喪神「 刀剣男士とうけんだんし」たちは、審神者と共に歴史を守る戦いへと身を投じる。

本丸がまだできて間もない頃。
山姥切国広率いる第一部隊は、主の命により《小田原征伐》の時代を訪れていた。

そこは時間遡行軍の歴史改変対象となる通常の出陣先ではなかったが、今後、改変対象となり得る時代かどうかを調査するために、山姥切たちは遣わされたのだった。

その調査の地で、いるはずのない時間遡行軍の奇襲に遭う刀剣男士たち。
歴史改変の対象ではない時代になぜ時間遡行軍はいたのか?
負傷した骨喰を連れてうち捨てられた猟師小屋へと身を寄せた刀剣男士たちは、困惑と経験不足によって統率を乱していくこととなる。

見廻りに出た山姥切と山伏は、そこで小田原征伐に参陣していた黒田官兵衛と長政の親子と出会う。
素性を怪しまれた山姥切・山伏・同田貫は、官兵衛によって黒田の陣へと連れて行かれるのであった。
また長谷部・小夜・骨喰は、山中で目撃した時間遡行軍のあとを追跡する。その先にたどり着いたのは、黒田の陣であった。
時間遡行軍はなぜ黒田の陣の近くに姿を現したのか?

 

如伝 黒田節親子盃
本丸ができて幾年月が経ち、数々の戦いを経てきた刀剣男士たちは強く成長した。 山姥切国広をはじめの刀とする本丸にも、今や多くの仲間たちが顕現していた。

ある日、主より出陣の命が下りる。
出陣先は、過去の敗戦から遡行経路の封鎖されていた《小田原征伐》の時代だった。 彼らはそこで、謎の忍びによる襲撃を受ける。
忍びを追跡した先で出会ったのは、黒田長政と家臣・母里友信であった。 刀剣男士たちは、そこで長政の口から驚くべき事実を聞かされることとなる。

長政たちと話をしている最中、時間遡行軍の襲撃を受けた山姥切と山伏は、交戦中にそこにいるはずのない《あるものら》と遭遇する。混乱を極める中、山姥切は過去の出陣で起こった事象と照らし合わせ、自分たちを取り巻く時間軸の流れに異変が起こっていることを予測する。

そして、敗北した因縁の地で過去の己自身と向き合うことを余儀なくされるのであった。
異変の巻き起こる小田原の地で、《過去を乗り越えるための戦い》に挑んでいくこととなる。


「ジョ伝」という表記は少し気にはなっていたのですが、実際に観に行ったら前半は「序」伝で、休憩を挟んで始まった後半からは「如」伝だったんですね。
「序」伝ではまだ始まったばかりの本丸のときに起きた話で、初めて観たときの刀ステ(燃ゆる本能寺)で「あの時無理に進軍をして〜」ということが話されていましたが、そのときのお話を前半で観れて、後半の「如」伝で強くなった本丸メンバーで再びリベンジに挑んでからのみんな合わせて戦う「助伝」。

ことごとく伏線が回収されてカチカチとハマっていくのが面白かったし、王道の少年漫画を読んでいるようなのような楽しさもあり、末満先生の遊び心も感じられたりもしてよく出来ているなと感心しつつ素直に本当に面白かったです。
ただ、大切な役割の敵のひとりが登場するたびにふと冷静になってしまってお芝居に没頭することができず…そこがちょっと残念。自分とは合わないなと思いました。でも、比べるものでもないですが、今までの刀ステで一番好きです!

戦闘シーンの音楽が爆音でした。突然チャチャチャ!って声と共に爆音が流れるので周りは結構ビクゥ!ってなってました。直前まで幕末RockをAiiAで担当していた音響のヨシモトシンヤさんが、幕末Rockの勢いで調整したのかもしれません。

ゲームはやらなくなってしまったけど、原作ゲームは動きが無くてキャラクターが深く描かれていない印象がなかったので、刀ステはキャラクターが思う存分に動いて感情を動かす様を観ることができるのがいいなと改めて思いました。本当に今回面白かったです!

舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り
2017/12/15〜12/17 天王洲銀河劇場
脚本・演出/末満健一