ジグザグ!

秋音光さんに惹かれていったきっかけの『SANCTUARY(サンクチュアリ)』という作品について

はじめに:サンクチュアリについて

2014年9月に宝塚バウホールで公演されていた宙組の『SANCTUARY(サンクチュアリ)』という作品があります。
生でこの作品を観劇したことはなくて映像を鑑賞しただけなのですが、とても好きでこれまでに何度も観ています。
お話的には難しくて暗くて重くてハッピーな瞬間が一切ないし救いのない話だけれど、退屈することなく集中して観ることが出来る、とても好きな作品のひとつです。

16世紀、カトリックプロテスタントの2つの教派による宗教戦争を終わらせるために、南仏の小国であるナヴァールの王子であるアンリ(愛月ひかるさん)が、ヴァロア朝シャルル9世の妹マルグリット・ド・ヴァロア(伶美うららさん)と結婚するのですが、プロテスタントである人間とカトリックである人間との間で様々な悲惨なことが起きて、アンリたちが苦悩するというお話です。

プロテスタントであるアンリがカトリックであるフランス王朝のマルグリット(マルゴ)と結婚して王家に入る形になるのですが、プロテスタントを良しとしないギーズ公によって窮地に立たされたりするんですね。
一方、すでにプロテスタントであるコリニー提督という貴族がヴァロア朝の中に居て、シャルル9世に父親のように慕われていたのですが、シャルル9世を利用していることが判明し、激怒したシャルル9世プロテスタントを皆殺しにしろと命じて虐殺が起きてしまう…といった流れです。


まずこの作品で特筆すべき点は、アンリを演じている愛月ひかるさんがハチャメチャに格好良いということです。立ってるだけで格好良いのですがすごく熱演されていて、愛月さんの演じた役を全て観てきたわけではないのですが…アンリ好き…。

f:id:zigxzag:20171121202729j:plain
毎日新聞

f:id:zigxzag:20171121202705j:plain
朝日新聞DIGITAL


次に、悪い男・春瀬央季さんなのですが、この演目では本当に悪い男です!

f:id:zigxzag:20171121203425j:plain
朝日新聞DIGITAL


シャルル9世の弟・アンジュー公という役なのですが、調香師に毒を作らせてアンリの母親を殺したりとか最後は兄まで殺したりとブレずに悪い男です。見た目が格好良すぎるので許してしまいそうになりますが許しちゃいけないんだぜ。


男役も娘役も見目麗しい宙組による美の暴力は確かにあります。けれども全員が熱演していて、個人的にはとても完成度が高いなと思う作品です。



本題:じわじわ惚れていった話


ここからが本題です。

秋音光さんは、『サンクチュアリ』では王様であるシャルル9世を演じています。
今までは特に秋音さんだからという気持ちで観てはいなかったのですが、ものすごく惹きつけられるお芝居をされていて強く印象に残っていました。母も「シャルル9世がすごく好き」と言っていて、いいよね〜なんて話をしてました。

このシャルル9世は、自分の身に恐ろしいことが起きてしまうのではないかと常に怯えているとても臆病な性格で、初めて出てきたときからすでにビクビクしています。

アンリとマルゴの結婚承諾のサインをしろと母親に言われているシーンで初めてシャルル9世が出てくるのですが、大きく肩で息をしていて極度の緊張状態にあることが分かります。
少し前の床あたりを常に見ているのですが、真下ではなくて少し前の床あたりなんです。俯いているわけではなく、人の目を見ることが出来ないので、そのような目線の角度になっているんですね。
シャルル9世にとって、人と目を合わせるのは勇気の要ることなので、臆病な彼は目線を落としているんだなと分かります。喋り方もおどおどしていていて、突然ボリューム大きくなったり。

そんなシャルル9世をコリニー提督というプロテスタントのオジサンがたぶらかして良いように操ります。後に彼が自分を騙して利用していたことが分かったシャルル9世は、近くに居たギーズ公の銃を取ってコリニー提督に向けます。
コリニー提督は「臆病で何も出来ないお前が俺を撃てるわけがない」と笑います。確かにシャルル9世は引け腰でパニック状態なのですが、最終的には黙れ!と叫んで銃を撃ってコリニー提督を射殺します。この瞬間、シャルル9世が壊れてしまいます。

銃声を聞いて駆けつけた母親に「私がやったんだ!自分の力で!」と笑い、「大変なことになる、プロテスタントの反乱が起きる」という発言に対しては、「その前に殺してしまえばいい」と言います。そこで表情がすっと変わって「殺せ、プロテスタントなど皆殺しにしてしまえ!」と叫びます。

命令通りプロテスタントの虐殺が起きるのですが、場面が変わると膝をつき祈っているシャルル9世の姿が…;;
ギーズ公はアンリに責任を取ってもらいましょうと、シャルル9世にアンリを殺させようとします。そこにアンリの部下オルトン(七生眞希さん)が許しを請います。
そのオルトンの目を見て、シャルル9世が「その目だ、私を憐れむコリニー提督と同じ目をしている」と激昂しナイフでオルトンの目を斬ってしまいます。
オルトンの絶叫の中、ハッとしたシャルル9世は錯乱します。
その後のシャルル9世は、亡霊の幻覚に襲われてますます狂っていき、最期は弟のアンジュー公の手により殺されてしまいます。

f:id:zigxzag:20171121214557j:plain
朝日新聞DIGITAL



シャルル9世の臆病な所作、心を許す表情、錯乱して壊れていく姿がとても好きで、繊細で脆く心惹かれる演技をする人だなと思っていました。
でも「この人だから好き」っていうのじゃなくてこの人のお芝居が好きだなと思っているくらいで留まっていたんです。

で、宙組本公演の『神々の土地』の観劇日に向けて、宙組モードになろうと宙組公演の映像を観てて『サンクチュアリ』も久々に観て…たしかそのときには『神々の土地』では秋音さんに注目しようと…思っていましたね。

『神々の土地』では秋音さんは桜木みなとさん演じるゾバールの仲間エルモライという役を演じていて、桜木みなとさんと和希そらさんと三人で行動していました。黒髪で長髪のワッフルヘアを束ねてて左耳に長いピアスをしていてちょっとワイルドなお兄さんで…ヤダ…//////ってなっていました…かっこ……い…い………。


1:00〜でぐるぐる回ってる人たちの最後に映る人です。


観劇日の少し前の日に宙担の友人とご飯を食べたときに、秋音さん楽しみなんだよね〜って言ったら「あきもの客釣りはスゴイぞ」って教えられて、いや…シャルル9世が客釣りなんて…そんな…って思ってたのですが、クラビジュの中詰めで友人が言っていたことを理解しました。見事に母娘で釣られて帰ってきて、それから神々の円盤を繰り返し観たり過去の映像作品でお姿を探しています。ふぅ…。恐ろしい人だ。

 

11月23日!お誕生日おめでとうございます!

というわけで、好きな舞台の話と秋音さんのことを絡めて書きたいな〜と思っていたらちょうどお誕生日が近かったので、お誕生日に合わせてエントリーをあげてみました〜お誕生日おめでとうございます!!!!!!

f:id:zigxzag:20171121223613j:plain

秋音光(あきねひかる)
愛称「あきも」
11月23日生まれ
福岡県古賀市出身
身長168cm
2010年初舞台


お芝居を観てからその人に興味を持って好きになるというパターンが個人的に珍しいし、キツネ顔の人とかクソ麺(クズのバンドマン)みたいな人しか好きにならないと思っていましたが…運命とは分からないものですね…。1月のウエストサイドストーリーの観劇が待ち遠しい今日この頃です。
あらためて、お誕生日おめでとうございます!!!素晴らしい日々が過ごせますように!



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ