ジグザグ!

ジグザグ!

いろんなことをかくよ!

感想:月組『All for One 〜ダルタニアンと太陽王〜』

f:id:zigxzag:20171005100335j:plain

舞台は太陽王と呼ばれたルイ14世が治めるフランス。銃士隊の新入りダルタニアンは王の剣の稽古相手に任命される。しかし王はダンスのレッスンに熱中し、剣術には興味を示さない。ある日ダルタニアンは、ブルボン王家を揺るがす王の秘密を知ってしまう…。


ポスターが発表されたときはハァァッ/////珠城りょうさんッ////アァッ…///美弥るりかさんッ///月城かなとさんッ///あわわわわ/////みたいな気持ちになりつつ一番うしろの人物に気を取られて「なんじゃこりゃあ!」ってテンションが上がりまくったのを覚えています。今観ても一番うしろの愛希れいかさん最高すぎやしないか。
この公演の初日に、権利関係で円盤が出せなくてずっと交渉してたという『グランドホテル』の円盤化が決定したお知らせが入ったんだよね。初日にニュース出すとかニクいよなあ。ちょうど刀ステの遠征で福岡のホテルに居たのを覚えています。愛されてるなあ月組

この作品はポスターからして「これは絶対面白いだろうな」って期待値がすごく高くてムラ遠征もしました。
宝塚は日本を代表するエンタメのひとつだと思っていますが色々と万人受けしないであろう面もあるため、むやみやたらにオススメ出来ないのだけど、この作品は超オススメでした!少しだけ大人向けシーンはあれども全然セーフなレベルだし(分かんない子には分かんないと思う)
銃士隊の面々がずらーーーーって舞台上の横幅を目一杯使って並ぶオープニングは最高にテンションが上がるし、とにかくずっと楽しいんですよ。舞台機構もガンガン使うしポンポン話が進んでいくし曲もすごく良くて全く退屈しない。

話の流れ的には、銃士隊のリーダーであるダルタニアンがルイ14世の剣術の稽古の先生に任命されて稽古をつけたら気を悪くさせてしまって銃士隊解散の危機に陥るんです。んでもってそんなルイ14世は実は女で、本当は双子の男の子と生き別れてしまって男と偽って国王やっててもう限界じゃ!ってなりながら気晴らしに女の子の格好をして出向いた酒場でダルタニアンと出くわして恋に落ちて、ダルタニアンも真実を知ってーーー・・・!?みたいな感じ。
難しい要素一切なしの単純明快で爽快なストーリーで、アンパンマンみたいに話が進んでいって終わります。

ダルタニアン、アラミス、アトス、ポルトスって見事に系統が違う男たちが揃ってるんだけどそれぞれ尊敬し合いながら一致団結してるのが大人の男たちって感じでめちゃくちゃ良かったです。下世話なことばかり考えちゃうけど、誰と付き合いたい?わたしはダルタニアンと見せかけてアトスです。キャーキャー言いたいのはアラミス神父ですね。アラミス神父は最高だった。懺悔させてくれ頼む。

 

月組がアドリブを入れずに決められた脚本に沿って着実にお芝居をしているのが良いです。
いつ行っても同じものを観れるというのは観客にとって平等でわたしは好きです。勿論その回その回で役者たちの細かい所作等は違っていると思いますけど、そういうことではなくて、決められた脚本や演出に沿うという点はブレることが無かったし、基本に忠実な上でアドリブではないところでドッカンドッカン観客を笑わせるのは最高だな〜と思いました。
月組は後ろの方で歩いているだけの役でも、その人物がどのような人生を生きてきたかといった背景から考えて役作りをしていくということを友人から聞いていて、そういう姿勢が前公演の『グランドホテル』の深いお芝居に繋がっていたのかなとも思うし、月組のお芝居の組み立て方や表現の仕方がとても好きです。

ずっとアドリブもしてこなかったのに、珠城さんの誕生日の10月4日の公演では誕生日ネタを入れて来てたらしくて!そういう所〜〜〜!「ダルタニアンが誕生日」ってテイで随所にアドリブ入ってたらしくて最高ですね。

若いメンバーが多いけれど美弥るりかさんや宇月颯さんといった面々が引き締めてるし、そして若いからといって拙いわけではなく上手で素敵だしとにかく安心して観ていられる。簡単に言うとただただ楽しい!本当に今の月組ってわたしにとってすごく魅力的な組です。次回の本公演も『カンパニー』という今年5月に刊行された小説の舞台化らしく、そしてショーの方は『BADDY -悪党(ヤツ)は月からやってくる-』というタイトルからして愉快そうなものが決定しているんですよ。

舞台は地球首都・TAKARAZUKA-CITY。
世界統一され、戦争も犯罪も全ての悪が鎮圧されたピースフルプラネット“地球”に、月から放浪の大悪党バッディが乗り込んでくる。バッディは超クールでエレガントなヘビースモーカー。しかし地球は全大陸禁煙。束縛を嫌うバッディは手下たちを率い、つまらない世の中を面白くするためにあらゆる悪事を働くことにする。
彼の最終目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンクに眠る惑星予算を盗み出すこと。しかし、万能の女捜査官グッディの追撃が、ついに彼を追いつめる! 


意味が分からないので早く観たすぎます。月組はこういうワクワクするようなタイトルを次々に用意してくれて元気を与えてくれますね。

次回作の話に逸れてしまったけど、All for Oneは目で観ても耳で聴いてもずっと楽しくて月担じゃないけど「もう観に行けないのか…」って少し寂しい気持ちになっちゃいました。とは言えども冬には全国ツアーがあるし終わったと思ったら本公演がやってくるのでヅカオタは忙しい。今後も月組が見せてくれる舞台が楽しみです。


 

 

All for One 〜ダルタニアンと太陽王〜
脚本演出 ▶ 小池修一郎

兵庫公演 ▶ 2017/7/14〜8/14
東京公演 ▶ 2017/9/1〜10/8

劇  場 ▶ 宝塚大劇場東京宝塚劇場