ジグザグ!

ジグザグ!

いろんなことをかくよ!

感想:舞台『刀剣乱舞 -暁の独眼竜-』福岡公演

f:id:zigxzag:20171005014218j:image

西暦2205年。
歴史改変を目論む「 歴史修正主義者れきししゅうせいしゅぎしゃ」が過去への攻撃を開始した。
対峙する時の政府は歴史の守りとして「 審神者さにわ」なる者を過去へと派遣する。物の心を 励起れいきする審神者の力によって生み出された、 刀剣に宿りし付喪神「 刀剣男士とうけんだんし」たちは、審神者と共に歴史を守る戦いへと身を投じる。

本丸では、小夜左文字がなにやら気落ちした様子であった。
近侍である山姥切国広は、悩みを聞きだそうとするが、小夜は山姥切を避けるような態度を見せる。
また、延享四年へと調査任務に赴いた大倶利伽羅と歌仙兼定は、任務先で仲違いをしてしまう。大倶利伽羅と同じく元伊達家の刀である燭台切光忠、鶴丸国永、そして本丸の新たな仲間として顕現した太鼓鐘貞宗は、ふたりの仲違いを解決しようと思案する。鶴丸がなにか良い案はないか主に相談すると、主から意外な任務が下された。
三日月宗近は、そんな本丸を見守っている。
一方、戦国の世では、豊臣秀吉による天下統一が果たされようとしていた。その時代の移り目に、終わりゆこうとする戦国を憂うひとりの男がいた。その男、伊達藤次郎政宗。天下人への夢を燻らせ続ける政宗に、彼と信義の絆で結ばれた盟友・細川与一郎忠興は、やがて来る泰平の世を生きていくことを諭す。
政宗が天下人となることは《見果てぬ夢》なのか…
ある日、刀剣男士たちに出陣の命が下りる。 出陣先は、慶長5年(1600年)、徳川家康率いる東軍と、毛利輝元石田三成らが率いる西軍とが大激突を繰り広げた天下分け目の大戦 関ヶ原の戦い。 そこで刀剣男士たちがみたものは――?



副題:ふんどし男たちと刀剣男士

前回は北九州で成人式シーズンに公演を行い、今回は博多で山笠のお祭りがあるシーズンに公演を行い、遠征者に試練をもたらす刀ステ地方公演。街に溢れるおじさんの尻を見て見ぬフリをしながら今回も福岡に行ってきた。

福岡、暑くない?

去年の11月にハイステで福岡遠征したんだけど、Tシャツじゃないと無理、ってくらい暑かったことを思い出した。
でも今年1月の刀ステで北九州に遠征したときは特に気にならなかった。いや、それにしても暑い。暑いの苦手なのでヘロヘロだった。

福岡のお菓子が大好き。一緒に舞台を観に行ってる友だちが、通りもんが大好きで、通りもんのことドラッグって呼んでた。わたしもドラッグとまでは言っていないけど通りもんは好き。
今回「なんばん往来」というお菓子も初めて食べたんだけど、美味しすぎた。ラズベリー味のを買ったんだけど絶対他のジャムのも美味しい。なんばん往来すごい。感動した。また食べたい。

あとは明太子。こっちでも買えるっちゃ買えるんだけど、こっちでは買いたいって思わない。福岡で買いたい。
いつも福岡駅の阪急デパートでお土産の明太子買うんだけど、試食してるうちに味の違いが分からなくなる。いつも3~4店舗の明太子買って配送してもらっている。どこのお店か忘れちゃったんだけど「あごおとし」って書いてある明太子が美味しすぎた。わたしが福岡に住んでいたら、明太子の食べすぎで痛風になっていたと思う。

ラーメンもとんこつとか細麺が好きだから福岡って最高。今回は食べれなかったけど。

今回会場に超近いホテルを取ってしまった。周りに何も無くてびっくりした。博多駅の方は祭りで混んでるから行く気にならなくて、完全にご飯難民になってしまい、 ホテルにタクシーを呼んでもらって、2km先のロイヤルホストに行ったりもした。食べ終わったあともタクシー。 タクシーに往復2000円くらい払ってロイヤルホストでご飯を食べた。


ちなみにお昼は近くにあったローソンでLチキを買って食べるなどしていた。Lチキ旨すぎる。

福岡駅、綺麗で好き。わたしが住んでる区域でいちばん近い都会(?)は横浜駅なんだけど、横浜駅は超汚い。ずーーーーーーーっと工事してて、多分わたしが死ぬまで工事してるんじゃないかな。
西口に出ると汚い川があって、ドンキとかあって、ガラが悪いひとが多い。ゴチャゴチャしてるしとにかく汚い。東口はまあ普通に綺麗だけど。横浜のひとがドヤ顔で言う「横浜」は、みなとみらい線みなとみらい駅~元町中華街駅の区間なんだよね。文豪ストレイドッグスで出てくる景色もその区間。そういえば文ストの舞台、KAATでやるなんてニクイなあと思った。

横浜駅福岡駅みたくなればいいのになあ。横浜駅に新幹線が通ればいいのに。

あと福岡空港の7番搭乗口付近に花組トップの明日海さんの三井住友VISAカードの大きい広告があるのも好き。刀ステの話します。

 

7月13日ソワレ

猪野くんが持ってた刀がぶっ壊れて、うわーーーーってなったんだけど、 咄嗟に体術で敵を倒したり、敵の手首を掴んで刀を強奪して決めポーズまで間に合わせてた。折れた刀は舞台の真ん中あたりに落ちててハラハラしたけどほどなくして自然に回収された。
キャストも観客も怪我が無くてよかった。怪我が無かったから言うけど、咄嗟に判断して動いた猪野くんもアンサンブルも本当にすごいと思った。
猪野くんは頭もいいし運動もできる上に、 きっと培ってきた舞台での経験が加わったからこそ、ああやって動けたのだと思う。

 

7月14日マチネ 〜猪野広樹の受難〜

猪野くんの持ってた刀のつばきが落ちて咄嗟に拾って続けていた。また壊れたらどうしようって心配したけどその後は大丈夫そうだった。

 

7月14日ソワレ(千秋楽)

猪野くんの刀は大丈夫でした。よかった。~猪野くんの刀の具合レポート完~
カテコ挨拶で高松さんが英語を話した流れで橋本くんも英語に挑戦してたんだけど、となりの猪野くんがその間ぶつぶつ言っててめちゃくちゃ笑った。ぶつぶつ言ってる。もうその時点で猪野くん絶対英語喋りたいんだってみんな分かって見守ってたように思う。案の定英語で挨拶しだして笑った。
そのあとの挨拶が荒牧くんだったんだけど、荒牧くん真面目じゃん、流れに乗ろうとするじゃん。そしたら鈴木拡樹さんに「やめておいたら」って止められてて笑った。

一本締めの後も「あっ」「えっ」「あっ」ってなってたしぐだぐだで笑った。かわいい。千秋楽まで駆け抜けた男たちが全てやり遂げて安堵したような顔がよかった。
新作発表あるかなって思ったけど無かった。ちょっと休もうね。お互い。

刀ステのOPで踊るところ、下手側に猪野くん・荒牧くん・橋本くんの三人が三角形に配置される瞬間があるんだけど、その三角ゾーンのことをしゃぶしゃぶ大三角形って呼んでいる。円盤に映るといいな、しゃぶしゃぶ大三角形。

なんて毒気のない三角形なんだ…


猪野くんと荒牧くんの共演をまた観ることが出来てとても楽しかった。46公演、激しい舞台だったから、みんな怪我なく終わることが出来てひとまずホッとしている。お疲れ様でした、ありがとう、という念を飛ばしておきます。


刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜
脚本演出 ▶ 末満健一

東京公演 ▶ 2017/6/1〜6/25
京都公演 ▶ 6/29〜7/2
福岡公演 ▶ 7/13〜7/14

劇  場 ▶ 天王州銀河劇場・京都劇場福岡サンパレス
音  楽 ▶ manzo・テルジヨシザワ
制  作 ▶ マーベラス