ジグザグ!

ジグザグ!

愛するには短すぎる

朝水りょうさんお茶飲み会(お茶会)レポ/スカーレット・ピンパーネル 東京公演

f:id:zigxzag:20170626204222j:image
 

仮面舞踏会で付けるリボンが間違っていた件

仮面舞踏会のシーンで髪の毛にリボンを付けてるんだけど、衣装の色と微妙に違っていて、なんかおかしいな~とは思っていた。でも着替えるときはリボンに自分の名前が付いてたから付けていた。自分の衣装と同じ色のリボンはひろ香祐さんが付けていて、反対にひろ香祐さんの衣装と同じ色のリボンを自分が付けていた。お互いおかしいとは思っていたが、何かおかしいよねと言い合いながらも付け続けていた。
結果的には衣装さんのミスで、やっぱり違うっていうのが大劇場公演の千秋楽の一日前(だったかな?)に分かった。だから東京公演では直ってます。

 

大縄跳びの回数を増やされた件

大縄跳びのシーンは大劇場公演では3回だったんだけど、東京公演では4回になった。4回に変更になったのは劇場入りして初日を迎える前日のことだった(確か)。小池先生が「嫌かもしれないけど、4回に増やそうか。」と言ってきたから4回跳んでいる。

 

兵士たちで行進をするタイミングが難しい件

礼真琴さんが「鷹のように」を歌い終えたタイミングで、兵士たちで歩きだすんだけど(行進みたいに)、出るタイミングが難しい。歌い終えて、あるタイミングで出るんだけど、揃うまでが少し苦労した。拓斗と後輩を指導しながら揃うように練習した。

 

頭を失った赤ちゃん人形

ちょっと遡って、燃ゆる風の話。斎藤道三を演じるときに、娘が産んだ赤ちゃんを抱っこするシーンがあるんだけど、稽古期間のある日、赤ちゃんの人形を抱っこしようと思ったら赤ちゃんの頭がなぜか取れていて首から上が無い状態で、気付いた瞬間めちゃくちゃ笑ってしまいお稽古が続行不可能となり一時中断した。

 

RANSEの活動

RANSE(燃ゆる風公演の時に結成されたバンド)のメンバーとは特に活動はしていない。でも前にお稽古が終わってから夜中の23時とか0時とかにみんなでカラオケに行った。ステージがあってマイクスタンド付きの部屋だった。
T.M.RWHITE BREATH(本人映像)を歌おうとしたら、ストールを持っているメンバーが居たので首に巻いた。そしたら更に大輝真琴さんがその時たまたまドライヤーを持っていたのでドライヤーの風を浴びせてきた。結果的にストールを巻いてドライヤーの風を浴びながら熱唱し、大変な盛り上がりを見せた。

 

以下はクイズコーナーでお話してたことです。 

Q. 2つの早口言葉、どっちを噛まずに言えるでしょう。(お題は失念)
A. どっちか噛んでました。
完全にその時の朝水さんの舌のコンデションに左右されるやつです(笑)。以前どっちも噛んで、上手く言えた方が正解になった気がする(笑)。

Q. 今夜食べたいのは洋食でしょうか、和食でしょうか。
A. 洋食(だったかな?)。
ちなみに直前まで「え~どっちだろう」って悩むので祈るほかありません(笑)。

Q. たい焼き、頭から食べるか尻尾から食べるか。
A. 頭から食べる。
「尻尾がねー、好きなんですよ~。」とのことです。好きなのは後に残しておくタイプなのかな。

Q. アパレル店員と美容師、やってみたいのはどっち?
A. 美容師。
音楽学校生だったときに時間が無いのもあっていろんな子にカットを頼まれていて、眠いから寝かせて~!と思いながら夜な夜な切ってあげてたらしいです(ここで司会者の方が「バーバー朝水ですね」と合いの手を入れて笑った) 。


ドクター朝水とのゲームコーナー

朝水さんが一旦捌けて、司会の方が「申し訳ありません、りょうくんが突然劇団に呼ばれて行かなくてはいけなくなりました…」との悲報をアナウンスします。
途中のくだりを失念しましたが、司会の方の采配により「皆様はりょうくんのことしか考えられないりょうくん病を患ってる」という流れになります(笑)。

司会の方「どなたかお医者様はいらっしゃいますか!」
????「どうしたんですか!」

といった小芝居を経て、白衣を着たドクター朝水が登場します。ドクター朝水、テーブルの間を練り歩きながら息の根を止めていきます。

ドクター朝水とのゲームは「りょう、という文字が入った単語を出来るだけ多く書け」というものでした。時間制限内に書き終えたら、ドクター朝水が1つ1つテーブルを巡回して赤ペン先生をしていきます。正直1つ隣とか前のテーブルに近づいてきた段階で距離が近いので気を付けなければいけない…。
ドクター朝水、「みんなすごいたくさん言葉知ってますね、どうしよう」と採点の際に言ってました。単語が合ってるかどうか見なきゃいけないから大変だったかもしれないですね。得点が高いテーブルは「重症」扱いとなり景品を処方されます。

患者に処方を施し終えたドクター朝水は去っていきました。上手側の屏風の裏で絶対に着替えている状況が面白いのですがドクター朝水は去ったのだと信じて耐えます。しばらくして屏風裏から朝水さんが再登場。

「いやー、みんなごめんね!え?ドクター朝水が来たの?そういや白衣の人とすれ違ったわ」

といった小芝居で締めます。このゲームコーナーの開始時と終了時にある司会の方と朝水さんの小芝居シリーズが個人的に面白すぎて大好きです。これからもずっと続けて欲しいです。


朝水さんから歌のプレゼント

今回はル・クプルという歌手の『ひだまりの詩』という曲でした。あたたかい歌声で聴かせてくださいました。
歌のタイミングだったか失念したのですが、何歌おうかなーってyoutubeで調べたりするみたいです。バラードが好きとか、Backstreet Boysが好きとチラッとおっしゃってました。Backstreet Boys、一曲しか知らないけど洋楽を歌ってるのも聴いてみたいです。

朝水さんはホスピタリティがとても高い素敵なタカラジェンヌさんなので、気になった方にはお茶飲み参加してみてくださいね。