ジグザグ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグザグ!

宝塚星組・朝水りょうくんのファンです

宝塚月組公演『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』感想

グランドホテル

公演解説

1928年のベルリンを舞台に、高級ホテルを訪れた人々が一日半のうちに繰り広げる様々な人生模様を描いたミュージカル『グランドホテル』。1989年トミー・チューン氏演出・振付によりブロードウェイで幕を開けたこの作品は、圧倒的な評価を得てトニー賞を5部門で受賞、その後ロンドンやベルリンでも上演されました。宝塚歌劇では1993年、涼風真世を中心とした月組がトミー・チューン氏を演出・振付に迎え、宝塚バージョンとして上演し、大好評を博しました。 長年の功績を称えられ、2015年の第69回トニー賞において特別功労賞を受賞したトミー・チューン氏を特別監修に迎え、2017年の幕開け、月組トップスター・珠城りょうの宝塚大劇場お披露目公演として、『グランドホテル』が宝塚歌劇の舞台に蘇ります。
引用元:宝塚歌劇公式HP

キャスト

ガイゲルン男爵(珠城りょう)
思うまま、望むままに生きる事に情熱を傾ける、美しく快活で、魅力的な青年貴族。一見優雅な長期滞在客だが、実は宿泊費を滞納し続けるほどの多額の借金を抱えている。

エリザヴェッタ(愛希れいか)
世界的名声を得ているロシアのプリマ・バレリーナ。しかし今では世間も彼女を忘れつつあり、彼女自信もまた踊る事への情熱と自信を失いかけている。引退興行の途上、このホテルにやって来た。

オットー(美弥るりか)
不治の病に冒され、最後の日々をこのホテルで過ごすためにやって来たしがない簿記係。辛苦に耐え、生きてきたというのに突然の死の宣告。コツコツと貯めた金をつぎ込み、本当の「人生」をグランドホテルで見つけようというのである。

プライジング(華形ひかる)
傾きかけた繊維工場の娘婿社長。グランドホテルで会社を立て直す会合があるが、かなり追い詰められている。

フラムシェン(早乙女わかば
※役替りだけどわかばちゃんのパターンしか観なかった。
フリーのタイピスト。仕事を求めて「秘書募集中」の実業家プライジングと会う為にホテルへやって来た。一方映画スターとなり、ハリウッド・セレブのように暮らす日を漠然と夢見ている、若く美しい娘。しかし、彼女には早急に金を必要とする新たな事情ができていた。

エリック(朝美絢/暁千星)
フロント・デスクで働く。妻がいる。妻はまもなく出産を控えているが、職場から離れられず、病院からの電話に気を揉んでいた。

ラファエラ(暁千星/朝美絢)
エリザヴェッタの忠実な付き人。22年もの間、彼女への愛を胸の内にひた隠し、自らの生活すべてを捧げ生きてきた。ベルリンで公演するエリザヴェッタと共にこのホテルへやって来た。

 

ストーリー

※超大まかなので前後してたり違う所があるかもしれませんがスルーして下さい。

 

電話交換室で5人の人物がそれぞれ電話先の相手に話をしている。

「カルテを送って欲しい」と電話をするオットー。
「ニューヨークにいい株があるから金を貸して欲しい」と電話をするガイゲルン男爵。
「アレが来ないの、月のものが。お金が要るの」と電話をするフラムシェン。
「倒産なんてありえない!」と電話をするプライジング社長。
「宝石を売りたい」と電話をするラファエラ。

オットーはグランドホテルを訪れる。
オットーは重病により入院していたが、残りの人生をどうしてもグランドホテルで過ごしたい、グランドホテルで人生を見つけたいという願いから病院を出てやってきたユダヤ人男性。
みすぼらしい服装により浮浪者と見られてしまうのか、ホテルのコンシェルジュは相手をしてくれない。予約したと主張するオットーに対して「満室です」と言い付き返そうとする。「私がユダヤ人ですか!」と怒るも取り合ってくれず途方に暮れるオットー。
そこに男爵がやってきて、「私の部屋に泊まるといい」といった交渉を経てオットーの部屋を用意してくれることに。

一見金払いのいい金持ちに見える男爵は、実は宿泊代を長らく滞納していて、常に借金取りによる監視のもと日々返済を迫られている立場にあった。彼の横には常に借金取りの男が張り付いて動向を窺っている。

求人広告を見て職を探しにグランドホテルに来ていたタイピストのフラムシェンは、いつか女優になってハリウッドスターと結婚して金持ちになるという夢を持っている若い女性。

もう舞台に立ちたくないと駄々をこねるのはエリザヴェッタ。踊ること=生きることへの情熱、である彼女は踊りへの情熱を失いかけている。今は5度目の引退興行のためにグランドホテルに滞在している。そんな彼女をなだめるのは興行主。キャンセル代なら、宝石を売って払うと主張するエリザヴェッタに「私が払う」と言うラファエラ。

グランドホテルのロビーでは、男爵とフラムシェンが出会う。フラムシェンに魅力を感じた男爵は、またホテルで会おうと誘って別れる。

借金取りの男が男爵に話しかける。エリザヴェッタが持っているネックレスが値打ち物だから盗んで来いと男爵に命じる。男爵は客室に忍び込んでは窃盗を繰り返しているようだった。金を払わないと殺すぞ、と男爵は脅される。

約束通り男爵とフラムシェンは落ち合う。そこにオットーが現れ、男爵は借金返済の足がかりとしてオットーに株を勧める。そして男爵はフラムシェンにオットーと踊ってくれないかと頼んで去る。踊ったことがないと躊躇うオットーとエスコートするフラムシェン。

段々と慣れて踊りを楽しむふたりの前に、プライジング社長が現れる。プライジング社長はオットーが勤めていた会社の社長。お久し振りです、と挨拶するも社長はオットーのことを覚えていない。ずっと頑張って働いてきたのにと怒るオットーだったが、フラムシェンに影響があるのではないかということに気付き心配する。フラムシェンは「大丈夫、だってあたし、男爵夫人よ!」と言って気遣う。

エリザヴェッタは舞台に立っていた。しかし客席は空席だらけで、アンコールの声もなく、打ちひしがれたエリザヴェッタはホテルへと戻る。
自分の客室に戻ると、宝石を盗みに来ていた男爵と鉢合わせてしまう。フロントに電話をしようとするエリザヴェッタを様々な言い訳をして食い止める男爵。短いやり取りだったが、お互いに惹かれ合ったふたりは男女の仲になる。

一方、フラムシェンはプライジング社長にボストンへ一緒に行って欲しいという提案をされていた。お金が必要なフラムシェンは合意する。

一夜明け、先に起きた男爵は盗んでいたネックレスを元に戻そうとする。その姿をエリザヴェッタに見つかるが、エリザヴェッタは欲しいなら持って行っていいと言う。
恋に堕ちたエリザヴェッタは、踊りへの情熱を取り戻していた。男爵に次の興行を行うウィーンに付いてきて欲しいとお願いをするが、お金のない彼は断るも「抱えきれない程のバラを持って駅まで会いに行くから」と約束を交わす。

フラムシェンは男爵と話している。男爵が別の女性に惚れてしまったことを知り、男爵夫人への道が途絶えたがすぐに気持ちを切り替える。そこにオットーがやってくる。「勧められた株が16ポイントも上がったんです!」と叫ぶ。オットーは株で大儲けしたのだった。
グランドホテルに来たときはボロボロのみすぼらしい服だったのがタキシードに変わり、みんなにお酒を奢り思い切り男爵と一緒に大騒ぎ。(チャールストンを踊るシーン)

ひとしきり騒いだあとに咳き込むオットー。椅子を用意してオットーを座らせた男爵は、オットーが座る際に財布を落としたことに気付き、そっと懐に財布をしまいこむ。

「死ぬのが怖くないのか?」と訊ねる男爵に対し「死ぬことは怖くない、死が怖い」と答えるオットー。「死ぬことは生きてることで訪れること、怖いのは一文無しで死ぬことだ。お金が無いと人として扱ってもらえずきちんと弔ってもらえない」と続けるオットーは、懐にいれておいた財布がないことに気付きうろたえる。「死んだら道端に捨てられるんだ…」と嘆くオットーの姿を見て男爵は「そういえば預かっていてくれと頼まれたから持っていたよ」と言って財布を返す。
「そういえばそうでした。お願いしていました」と言うオットー。そして株の儲け分を男爵に渡す。男爵は「借りる」と主張してその金を受け取る。必ず返すと言って、その代わりに自慢の金色のシガレットケースをオットーに担保として渡す。この金色のシガレットケースは、コンシェルジュのエリックが「素敵だなあ」と褒めるので、「君の手に渡るように遺書に書いておくよ」と口約束をしていたものでもあった。

結局財布を盗むことが出来なかったが金を受け取った男爵に対して、借金取りが「プライジング社長が泊まっている部屋の金を盗め」と命じる。
プライジング社長はフラムシェンの部屋で彼女に体の関係を迫っていた。悲鳴を聞いた男爵はフラムシェンを助けるために部屋に入りプライジング社長ともみ合うが、暗闇の中、プライジング社長が取り出した拳銃が発砲された音が響く。

コンシェルジュのエリックは電話をしている。電話の相手はなかなか出産できず12時間苦しんでいたエリックの妻だった。
昨日とは違って今日は何だか雑音が聞こえるけど、どうしたのかと尋ねると「子どもの泣き声だ」と伝えられる。息子が誕生したらしい。感動するエリックは「お前は何もかも手に入れるだろう。人生はひとつの粒。全てお前のものだ。ようこそ人生へ。」と歌う。

男爵の死を悼みつつ、オットーはグランドホテルを去ろうとしていた。
ホテルに居たドクターに、「人生は見つからなかったのか」と問われ、「人生は人の中に在って、建物の中にはないんです」と答える。

警察に連行されるプライジング社長の悪口を言うフラムシェンに、何故そんな男についていこうとしたのかとオットーが尋ねる。お金が必要だったからだ、と答えるフラムシェン。
「一緒にパリに行ってくれないか」と尋ねるオットー。するとエリザヴェッタは「ほんとのこと言うと、どうやらお腹に赤ちゃんがいるらしいのよ」と告げる。それを聞いたオットーは「産まれたばかりの赤ちゃんを見たことがないんです!うわあ、楽しみだなあ」と大喜び。もう一度「一緒にパリへ行きましょうよ!列車の席は私の隣!」とフラムシェンを誘う。「断れないわ」と笑うフラムシェン。

エリザヴェッタはグランドホテルのロビーで男爵を待っていた。彼女に男爵が死んだことをなかなか伝えることが出来ない親友のラファエラ。

エリックは息子が産まれたことをオットーに伝える。
オットーは「やっぱり人生は至るところにあるんだ!」と喜び、そのお祝いとして男爵からもらっていた金色のシガレットケースを「私たちの友人の男爵から」と渡す。
エリックは「クリンゲライン閣下にお車を!」と叫び、オットーはフラムシェンと共にグランドホテルを去る。

出発の時間が迫っても男爵を待つエリザヴェッタだったが、「そういえば、彼は抱えきれないバラを持って駅に居ると言ってたわ!」という約束を思い出しラファエラと駅へ向かう。

ブラボー月組!な雑感

  • グランドホテルという作品が大好きになって、月組公演で観たグランドホテルはわたしの観劇人生における大切な一作になりました。

  • オットーが素晴らしかった。死にかけなのに、初めてのダンスをフラムシェンに教えてもらいながら拙いながらも楽しんだり、株で大儲けして力の限り喜んだり、その姿がとても愛らしいのだけど、背後には死が待ち受けていると思うと切ない。とてもとても丁寧に役を作り込んだのだろうな、本当に大切に演じていることが伝わる素敵なお芝居でした。

  • フラムシェンが「お腹に赤ちゃんがいるみたいなの」ってパリへ行くのを断ろうとした時に「まだ産まれたばかりの赤ちゃんを見たことがないんです!うわあ楽しみだなあ!」ってオットーが言うシーンで爆泣きしました…

  • オットーの生き方って、日本人っぽくないですか。ひたすら仕事ばかりを頑張って金を貯め込んで病気になって死ぬ感じが(笑)。ユダヤ人って、勤勉を美徳としているんでしたっけ。だからちょっと親近感があったのかな…でも今のわたしでは余命宣告されたとしたらオットーみたく生きることは出来ない、うらやましいと思った。オットーみたく生きたくて、きらきらしていて切なくて泣いた。

  • 死が自分の肩をあと少しでぽんぽんと叩いてくる、その気配が分かる、そんな立場になったときにどんな風に人生を思うのかなとグランドホテルを観て漠然と思いました。

  • オットーが言った「死ぬことは怖くない、怖いのは死だ」の言葉の意味がむずかしくてまだしっくり来ないのは、オットーみたいに確実な死が迫ってきているわけじゃないからなのかなあ。誰しもいつ死ぬか分からないけど、オットーのように確実に来ると分かっていないから…わたしはどっちも怖いけど…

  • 若くてハンサムな男爵サイコーでした。ジゴロにはなりたくないんだよね…貴族としてのプライドや本人の良心の呵責なのか、財布を盗めなかったりとか盗みの途中で襲われてるフラムシェンを助けたりとか、甘いところがあって。オットーと交流したことで変わった部分もあるかもしれない。

  • エリザヴェッタの背中の筋肉がすごくて…無駄な肉がついていなくて、鍛え上げられていたバレリーナでした。エリザヴェッタは結構なお姉さんなのだけど、男爵との夜を過ごし心を通わすことで少女のようになってとても可愛い。

  • 少女のようになってとても可愛いんだけど、おばちゃんっぽい演技が上手すぎる!(笑)年増っぽい感じがすごい出ていた。

  • 男爵がオットーの財布を盗んだシーン、「預かっておいてと頼んだじゃないか」と男爵に言われたオットーは嘘に付き合ってくれたという理解で良いでしょうか。
    それで、財布を盗もうとしたということはお金が必要なのだと察して株でもうけた分の取り分ですよとお金を渡すんですよね。「わたしのお金ではなく、これはあなたのお金だ」って。

  • エリザヴェッタの付き人のラファエラ、あのありちゃん(暁千星)なのか…!と驚いた。幼い顔立ちをしている人なので、あの寡黙で内に秘めている渋めの役を演じているなんて…と驚きました。

  • ラファエラは役替りであーさ(朝美絢)バージョンも観ました。あーさもすごく落ち着いてるけど、内に秘めたドロドロだけど純粋な独占欲が絶妙に漏れていてすごかった。

  • フラムシェンが可愛いし良い子だ。嫌な顔ひとつせずにヨレヨレのオットーと楽しく踊ったり、男爵に振られてガーンってなりつつもすぐ切り替えたり、明るくてちょこまかしててすっごく可愛い。女優になる夢を抱きながら妊娠しちゃって、でも全然そのことを悲観せずに「あたしの人生って色々あるのよね!」なんて軽いんですよ。その軽さが最高で、彼女はとてもたくましくて魅力的な女性だと思いました。

  • ラストシーンで、息子が産まれたあーさエリックがこれまで心配を隠しきれず曇らせていた表情をぱあっと明るくして希望に満ち溢れた歌を、とても伸びやかな声で歌い上げたところ、とてもすごかった。泣いた。あれは泣く。ありちゃんバージョンもよかったよ!

  • 死が近いオットーが、お腹に新しい命を宿したフラムシェンと一緒にグランドホテルを去る。死と新たな生命、エリックの息子のこともあるけど、この対比の組み合わせが尊くて、産まれたばかりの赤ちゃんを見たことがないオットーが、ちゃんとフラムシェンの赤ちゃんを見れることを祈ります。きっと見れる。見る気満々だもんねオットー!

  • 何気なく生きてしまっているから、本当に毎日あっという間に、なあなあと過ごしてしまっているから、こうやって色んな人の行動を一気に見せられてしまうと胸がぎゅっとしてしまう。こう、ガツンと。立ち止まる。そういうきっかけを与えてくれる作品だと感じて、その時のメンタルのコンディションによってはしんどいかもしれないけど、わたしにとってとても大切な作品のひとつになりました。

  • 素晴らしいミュージカルを観ることが出来てとても幸せな気持ちでいっぱいになりました。宝塚を観るといつも心が満たされるんだけど、今回は何とも言えない余韻がすごかった。

  • お願いなのでどうにかして円盤を出して下さい。

  • 円盤が今の所リリースされるのは著作権上、非常に難しそうなので(要望は出したけど…)観たことが無いひとはどうにかチケットを入手して観に行って下さい。3月26日までですね。
    映像は公式HPにいくつかアップされていました。はあ…映像化して欲しい。

    ムービー | 月組公演 『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』 | 宝塚歌劇公式ホームページ



ルーセル輪舞曲

お正月にBSで放送していたのを観て予習済だったのですが、東京公演ともなるとすごく上手になっていて…あとやっぱり生で観るのが一番です。
黒燕尾がとにかく最高ですね。歌劇にも載っていたけど、珠城さんの燕尾服にスパンコールが付いていなくてみんな同じ衣装で、みんなでこれから新生月組を作り上げていくようにも思えて、応援したくなりました。正統派なショーで楽しかったです。

はじめまして月組

宝塚歌劇団の中で唯一観たことが無かったのが月組でした。美を超えた謎の生命体である朝美絢ことあーさや、『メリーウィドウ』で散々みっちゃんに踊らされてゼェゼェしながら咲妃みゆちゃんに話しかけて心配されてた超面白シーン(文字じゃ伝わらないんスよ)を誕生させたた貴千碧様は魅力だったけど、本当にチケットを買うまでに至らず、月組の時期はヅカオタをお休みしていました。

だけど今回、珠城りょうさんが新トップに就任して本公演のお披露目ということと珠城さんの喋り方とか佇まいといった雰囲気を以前番組で観たときに、何だか彼女は素敵な人なのではないかと、そんな予感がして、一回くらいは観ようと思ってチケットを取ったんですね。

結果、超素敵でした。珠城さんの胸板が厚くてカッコイイっていう噂は聞いてたんですよ。何だよ胸板が厚いって!って思ってたんですけど本当に胸板厚いしガタイが良くてすっごく格好良いんですよ。スーツとか燕尾がすごく似合っている…!でもお顔は若くて優しくて可愛いんです。このギャップ。萌えの暴力。

あと、押し付けがましくない。ちょっと控えめというか、あたしがトップよ!っていうのが全くなくて、みんなと足並みを揃えようとしているような、そんな感じに思えて。でも全然頼りないとかではなくて、ちゃんとトップなんです。すごくすごく格好良いんです。とてもお上品なのにめちゃくちゃ男らしいんです。だから本当に素直に好印象で…ていうかほんと超格好良くて…はーーーーー。ヤバイ。褒めることしかしたくない。褒めることしかしたくない!惚れました!軽率に!
そしてこんなすごい舞台、一回だけじゃダメだ!と思ってチケットを増やしました。

天海祐希さんに次ぎ歴代2位の早さでトップに就任したということで、発表時とか様々な苦労があったと思うんですけど、素敵なひとだと思いました。
かなと君も異動してくるし、今まで観て来なかった分もこれから月組もいっぱい観たいって思いました。そして本公演で退団されてしまう貴千碧様を生で観ることが出来てよかった。
珠城りょう様、トップ就任おめでとうございます!素敵な舞台をありがとうございました!