ジグザグ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挑戦する姿はうつくしい

約5年程前にデビューした、KPOPのとあるアイドルグループが好きでした。KPOPを好きな人だったら、そのグループのことは好きじゃなくてもみんな知っているくらい有名な人気グループになりました。


KPOPは音楽番組がいくつかあるのですが、音楽番組で1位を獲るっていうことはとても名誉なことで、初めて1位になるとメンバーみんな大泣きして喜びます。同期に大きな事務所の圧倒的な人気を誇るグループが居て、そのグループはすぐに1位を獲るようになって、彼らと活動時期が被ると1位を獲れないから活動時期をズラすグループも居たくらいでした。そんな中、他の同時期にデビューしたグループもしばらくして1位を獲るようになりました。でも、わたしが好きだったグループは人気があるのになかなか1位を獲ることが出来ませんでした。彼らはあまりそういうことに執着心が無さそうだなと思いながらもどうしてだろうと悔しい気持ちもありました。

そんな中、2014年2月にリリースされた曲があまりに今までの雰囲気と違って、一般向けで普段そのグループの曲を聴かない人でも聴けるような曲で売り出して来て、とうとう彼らも1位を狙いに来たのかなと思いました。それならばとわたしも微力ながら1位を獲れるように協力しました。結果的に、彼らはこの曲で初めて1位を獲ることが出来ました。

1位を獲ることが出来た新曲の活動を終えて、彼らは各イベントに出演したり来日してツアーをこなしました。その辺りからファンたちは彼らの様子に違和感を覚えるようになります。悪い予感は的中し、最終的には裁判を起こす事態に発展します。

2014年スケジュールの一部

03/27 日本でイベント出演
03/29 仙台公演
03/30 大阪公演
03/31 東京公演
04/03 福岡イベント
04/04 大阪イベント
04/05 愛知イベント
04/06 東京イベント
04/13 ニューヨーク公
04/16 ダラス公演
04/19 シカゴ公演
04/22 ロサンゼルス公演
04/27 ロンドン公演
04/30 パリ公演
05/03 ドイツ公演
05/09 メルボルン公演
05/10 シドニー公演
05/18 台湾公演
05/31 シンガポール公演
06/04 福岡公演
06/05 福岡公演
06/07 ブラジル公演
06/10 名古屋公演
06/11 名古屋公演
06/13 大阪公演
06/14 大阪公演
06/15 大阪公演
06/21 千葉公演
06/22 千葉公演


6月の福岡→ブラジル→名古屋の流れが鬼ですよね!こんな調子でデビューしてから休まず頑張っていました。そしてこの年のツアーが終わった辺りからいよいよ目に見えて彼らの様子がおかしいのではないかと囁かれるようにもなります。
そして2014年10月28日に活動休止が発表され、その後に予定されていた南米ツアー等の予定がキャンセルになりました。更に11月26日には所属事務所に対して『専属契約効力の不存在確認及び不当利益金返還請求訴訟』を提起して、所属事務所と裁判を行うことになりました。訴訟は末っ子のメンバーが裁判に参加出来る年齢になるまで、他のメンバーが待っていたとのことでした。
メンバーと連絡がつかないと事務所が言っているといった情報が入って来たりしたし、外国で起きているせいで情報も錯綜しているし何が起きているか分からず大変混乱しました。裁判を起こして分裂したグループが居た記憶が強かったので、大好きな6人がバラバラになってしまうのではないかと不安でいっぱいでした。

約3年間で約10億7千万の売上を作ってきたのに、これまでにメンバーが事務所から受け取った給料は1人辺り約190万円(3年間のトータル)だったこと、事務所が出すべき費用を負担しないために家族が金銭面の負担をしていたこと、メンバーが倒れても点滴を打たせてステージに立たせていたことなどが明るみになりました。
わたしだったら1ヶ月分の給料を貰えない時点で即辞めますが、彼らは給料という対価が無いのに本当に頑張ってくれていました。彼らを支えていたものは何だったのでしょうか。

結果として、2016年8月3日に和解して元の事務所に復帰して活動を再開することを発表しました。元サヤは納得出来ませんでしたが、6人全員で帰ってきてくれて嬉しかったです。そして彼らはまた精力的に活動を始めました。
しかし2016年10月に発表された曲の活動に際し、リーダーがパニック障害の診断を受けて活動を休止、6人グループの所しばらくは5人で活動することが発表されました。どうやらリーダーはうつ病も併発していたようでした。
最近はタイでとてもカタギとは思えない風貌の中年(本当に何者なのだ…)と2人で歩いている、無精髭を生やしたリーダーの姿が発見されました。そして意味深なツイートをしてすぐに消すといった行動も見受けられました(前から秒でツイ消しすることはあったので動揺はしませんでしたが)。本人の身に何が起きているかは分かりません。

これから5人で日本ツアーです。リーダーはお休みです。リーダーが今後どうなるのか分かりません。今まで頑張ってきて、彼が抱えてきた負担は大きかったと思うので彼のどんな決断も受け入れます。彼らが活動を頑張っているうちにちゃんと観なきゃなあと思いながらも、わたしはリーダーのことが好きだったので正直な所勇気が湧かなくて、今回は見送りました。後悔するかもしれませんが、仕方ないです。

アイドルグループについての話が長くなってしまいましたが、要はそういった事態を目の当たりにしていたこともあって、宝塚や俳優を見ていると大なり小なり問題は抱えているとは思いますが、好きなひとたちに関しては人並みのお給料をくれて人間扱いしてくれているであろう会社に属して活動出来ていると思うので安心します、という話でした。ニコニコ笑う顔が可愛い元気な子が、ファンの前でも暗い顔をしてふらふらしている姿を見せるレベルまで悪化していたので、見ているのが本当につらいものがあるので…。

昨日、廣瀬さんが活動拠点を声優界へ転向するという表明を読みました。

彼がこれまでに手に入れた地位は一度リセットに近い状態になるかもしれませんが、そのリスクを承知でこのタイミングで挑戦する姿をカッコイイと思いました(部外者ならではの所感です悪しからず…)。わたしは自慢じゃないですが向上心のカケラもない怠惰を絵に描いたような人間なので、挑戦したり努力している人のことをとても素敵だと思っているし尊敬しています。また、前述した人間扱いをされていなかったと言っても過言ではないアイドルグループの姿をずっと見てきているので、背中を押してくれる人が居る温かい環境に彼が居て、これまでに得た武器を持って挑戦しに行けるということは喜ばしいことだと思います。


今回、なんとなく声の仕事が増えてきたなあと思わせるのではなくて、きちんと「これから自分は声の仕事をしたい」という意思表示をしてくれたことも誠実だと感じました。彼の希望を知ることが出来たし、今まで応援してくれたファンに対してこれからどうするかという選択肢も与えてくれた気がします。アパレルブランドを立ち上げたみたいだけど俳優業はどうした?何も言ってなくない?ファンはどうすればいいの?みたいな方向性が迷子な人がたまに居ますしね。
でも舞台は出て欲しいですよね、勿体ないですもんね。この件に関しては散々言われてるだろうし言われ続けるはずなので、きっと舞台も出てくれることを祈ります。声の仕事メインの人がアイドルのように歌ったりライブで横アリ埋めてたりミュージカルに出たり2.5次元舞台に出たりと幅広く活躍している時代なので、枠にとらわれずに活動出来るといいですよね。わたしは二次元のオタクもやっているので、もしかしたら今までよりもお見掛けする機会が増えるかもしれません。

余談ですが、廣瀬さんがファンになったという櫻井孝宏さん、わたしもすごく好きな方なので嬉しかったです。推し被りですよ。目の付け所がよいと思いました(何様)。櫻井さんのファンなら絶対にいいお仕事しますよ。絶対。軽々しく言うなという感じですが、とにかくファンの方の動揺が一日でも早くおさまることと、これから彼が新しいフィールドで活躍出来ることを願っています。