ジグザグ!

ジグザグ!

いろんなことをかくよ!

感想:舞台『刀剣乱舞 虚伝燃ゆる本能寺 -再演-』

f:id:zigxzag:20171005014334j:plain

西暦2205年。 歴史改変を目論む「歴史修正主義者」が過去への攻撃を開始した。 対峙する時の政府は歴史の守りとして「審神者(さにわ)」なる者を過去へと派遣する。 物の心を 励起する審神者の力によって生み出された、 刀剣に宿りし付喪神「刀剣男士(とうけんだんし)」たちは、審神者と共に歴史を守る戦いへと身を投じる。ある日、彼らの本丸に新しい刀剣男士が顕現する。
不動行光──戦国武将・織田信長が佩用し、彼に仕えた近習・森蘭丸へと授けられることとなる一振りである。 不動行光は信長の愛刀であったことの誇りを顕わにするが、同じく信長を元主とする宗三左文字、へし切長谷部、薬研藤四郎らとうまく噛み合わない。近侍に任命された山姥切国広は、不動行光の参入により和の乱れた本丸を立て直そうと奔走する。 そのさなか、審神者より天正十年──織田信長が果てた歴史的事件「本能寺の変」へ出陣の命が下だるのだった。


東京公演が1公演しか取れなかったので、北九州公演3公演に大阪公演2公演、行ってきました。
元々は荒牧さんのためにチケットを取ったのですが、初演で丸目聖人さんのお芝居がいいなあと思ったので、『森蘭丸』に注目しました。丁寧にお芝居をする人だなという印象を受けたことがきっかけですね。再演でも印象は変わらずだったので自分好みのお芝居をする方なのかもしれません。目を瞑って表情を見なかったとしてもどんな表情をしているか想像出来るタイプ。朗読劇も上手そうだなと思いました。
丸目さんの『まるめ』という名前の音感が可愛くてズルい。名字の御蔭で『蘭丸』+『丸目』で『らんまるめ』になるのも可愛い(かわいい)。丸目さんの森蘭丸は少年のあどけなさと織田信長の側近としての強かさがバランスよくミックスされたような雰囲気で好きなんです。

北九州公演の千秋楽公演で『勝鬨の歌 北九州大千秋楽バージョン』を観ましたが、何ですかアレ!可愛い!明智のおいちゃんと蘭丸が参加するのめちゃくちゃ可愛かったです。

今回嬉しかったことはまず、東京公演の銀河劇場でボックス席だったことですね。わたしはあのボックス席を貴族席と呼んでいて(笑)座ってみたいと思っていたので、ボックス席を体験出来たことは嬉しかったです。

初演に丸目さんという役者さんを知ることが出来て、再演でも続投してくれたので観ることが出来て嬉しかったし、刀を持たせると水を得た魚のように活き活きとする荒牧さんは観ていて本当に楽しかったです。

好きな殺陣シーンNo.1は、一期(廣瀬さん)が鞘も使っての二刀流してからの鯰尾(杉江さん)に鞘を渡して鯰尾が鞘をぽーんと高く投げて一期がキャッチして最後にビシッと決める所でした。

軍議はあまり興味が無かったりするのですが、大阪公演で手入れに使うぽんぽんをみんなが懐から取り出して自分をぽんぽんしてるのがすっっっっごいオモシロ可愛かった…一期だけぽんぽんが大きくて、それを突っ込まれると「弟たちの分もあるので…」って言うし「私は小夜の様子を見てくるよ」って去るシーンでもまだぽんぽんしていたのが最高でした。ぽんぽんの回は本当に良かったです。絶対円盤に収録して欲しいです。あと、鶴丸(健人さん)に「素早く高くジャンプしろ」って言われてドッスンドッスンジャンプした山姥切がただのあらまきさんな部分が出てしまっていて面白かったのでこれも収録して頂きたいです。


刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺
脚本演出 ▶ 末満健一

東京公演 ▶ 2016/12/15〜12/30
福岡公演 ▶ 2017/1/7〜1/8
大阪公演 ▶ 2017/1/12〜1/17
劇  場 ▶ 天王州銀河劇場・北九州ソレイユホール・大阪メルパルクホール
音  楽 ▶ manzo・テルジヨシザワ
製作委員 ▶ マーベラスニトロプラス東宝DMM.com