ジグザグ!

ジグザグ!

永遠のド新規

宝塚歌劇

星組☆朝水りょうさんのお茶飲み会(お茶会)レポ

5月に開催された星組男役の朝水りょうさんのお茶飲み会(お茶会)のときのことを書いてみようと思います。朝水さんのお茶飲み会はレポ禁ではないのですが書かずにいたんですよね。でも、レポまではいかないけどちょっとした記録を完全なネタバレは避けつつ残…

2017年上半期オタク活動まとめ!

もう1年の半分が過ぎてしまうなんて信じたくないですが、上半期のオタク活動を振り返ってみようと思います。 1月 舞台『刀剣乱舞 燃ゆる本能寺 再演』福岡公演と大阪公演に遠征に行きました。森蘭丸役の丸目聖人さんが個人的にMVP! 宝塚星組公演『燃ゆる風 …

星組若手ふたりの顔面偏差値がスゴいんだ!

星組所属の男役・朝水りょう様と拓斗れい様を「美しい」と礼賛するだけのエントリーです。

オジサンから胃がもたれそうな連続リプを受けた報告をする

本日、何気なく呟いたトゥイ〜トに対して、以前話題にもなった「オジサン」に酷似したオジサンからリプをもらった。念のため「オジサン」について分かる資料があったので勝手ながら貼らせて頂く。 『オジサンになりきろう講座』これを見れば、オジサンの文章…

宝塚星組公演『スカーレット・ピンパーネル』感想

スカーレット・ピンパーネル自体が初めてで、観る前は重厚というか重い話なのかなと思っていた。背景がフランス革命だし、一般市民の不平不満が爆発して市民権を勝ち取ったと思ったら恐怖政治が始まり活動家たちが次々にギロチンにかけられていく、みたいな…

ご贔屓が格好良くてしんどさがMAX

わたしはすぐ呪詛を吐くので、派手に転んで服が破れたりといった小さいことから大きいことも含めて呪詛返しに遭ったりするくらい徳の低い人間なのですが、実生活においてもインターネットでの世界でも人に恵まれていて、楽しく生きれています。本当にしょー…

宝塚花組公演『仮面のロマネスク/EXCITER!!2017』感想

仮面のロマネスク 風紀紊乱の貴族社会に生きる1組の男女が始めた、大人の恋のゲーム。仮面を付けた心の奥底で互いを求める駆け引きは、時に残酷に周囲を翻弄し傷つける。誇り高い2人の意地の張り合いから、最後に仮面を外し真情を吐露するまでを 美しく官能…

宝塚月組公演『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』感想

グランドホテル 公演解説 1928年のベルリンを舞台に、高級ホテルを訪れた人々が一日半のうちに繰り広げる様々な人生模様を描いたミュージカル『グランドホテル』。1989年トミー・チューン氏演出・振付によりブロードウェイで幕を開けたこの作品は、圧倒的な…

宝塚花組公演『雪華抄/金色の砂漠』感想

雪華抄 作・演出 原田諒花鳥風月―――日本ならではの風雅な趣をテーマに、華麗に格調高く繰り広げる舞踊絵巻。華やかな初春の風情に始まり、夏のきらめく波濤、秋の月、そして雪の華が舞う白銀の世界から桜花夢幻の春の讃歌へと、絢爛豪華な場面が次々に展開さ…

宝塚星組公演『燃ゆる風』感想

ストーリー群雄割拠して天下をうかがう戦国の世に、類い稀な知略を持つ軍師としてその名を轟かせた竹中重治(通称・半兵衛)。敵対する織田信長にその才を見込まれた半兵衛は、信長の命で勧誘に訪れた木下藤吉郎秀吉(後の豊臣秀吉)こそ天下人になる器と見…

星組の美形若手男役『朝水りょう』くんが超イケメンな件

朝水りょうくんのプロフィール 朝水りょう(あさみずりょう)96期生 星組男役4月19日生まれ B型身長 168cm東京都中央区出身岡山商科大学附属高校卒命名の由来は「朝」は入れようと思っていたのでそれに合う漢字を考えていたところ、足の甲に浮いた血管が「水…

ごあいさつ(170313更新)

基本情報 宝塚歌劇団の星組96期の朝水りょう君を贔屓してます。ヴィジュアル系バンドを追っ掛けまわしていたのですが、好きだったバンドが解散してしまったのでバンギャをやめてK-POPを好きになり、現在は宝塚のことを好きになって舞台を観て楽しんでいます…