ジグザグ!

ジグザグ!

いろんなことをかくよ!

宝塚歌劇

感想:花組『ハンナのお花屋さん Hanna’s Florist』

ロンドンの閑静な高級住宅地ハムステッドヒース、その一角に一軒の花屋があった。デンマーク人のフラワーアーティスト、クリス・ヨハンソンが営むその店の名は、“Hanna's Florist(ハンナのお花屋さん)”。自然との調和に包まれ、地元の人達からも愛されるそ…

非ヅカオタに捧げる宝塚歌劇プレゼンエントリー

今回は若俳オタや声オタなどの他の畑に住まいし方たちを対象としたエントリーです!ヅカはよく分からんから興味湧かん。一回は観てみたい気がするけどよく分からんから行かん。別に興味ないけど知らないこと知るのが好きだから読んであげる。といった方たち…

感想:月組『All for One 〜ダルタニアンと太陽王〜』

舞台は太陽王と呼ばれたルイ14世が治めるフランス。銃士隊の新入りダルタニアンは王の剣の稽古相手に任命される。しかし王はダンスのレッスンに熱中し、剣術には興味を示さない。ある日ダルタニアンは、ブルボン王家を揺るがす王の秘密を知ってしまう…。 ポ…

感想:雪組『琥珀色の雨にぬれて・"D"ramatic S!』

琥珀色の雨にぬれて 舞台は1922年のフランス。第一次世界大戦から生還した青年貴族クロード(望海風斗)は、秋のある朝、散歩に出たフォンテンブローの森で神秘的な美女、シャロン(真彩希帆)に出会う。シャロンに一目で心を奪われた彼に、シャロンの取り巻…

感想:雪組『CAPTAIN NEMO ネモ船長と神秘の島』

19世紀後半、イギリスの捕鯨船が南大西洋サウスサンドウィッチ諸島付近で謎の遭難事故を繰り返し、船乗りたちからは魔の海域と恐れられていた。イギリス政府は学者たちを招聘し調査隊を編成、南大西洋へと艦隊を派遣した。だが魔の海域に近付いたとき艦隊は…

感想:花組『邪馬台国の風・Santé!!』

数多くの小国が乱立し、絶えず争いが繰り広げられていた古代日本。中でも倭国連合の中心となる邪馬台国は肥沃な領土を背景に勢力を拡大していたが、対立する狗奴国はその豊かな土地を手に入れようと、幾度となく戦を仕掛けてきていた。幼い頃に両親を狗奴国…

レポ:星組OSOアフタートーク『ムケーシュの部屋』

8月3日(木)公演終了後に開催されたアフタートークショーのときの朝水さんに特化したレポをば…。文字とは思えないぐしゃぐしゃの文字を解読した上でのレポなので正確さに欠けた、何となくのニュアンス。 ムケーシュの部屋なので、ムケーシュ役の七海ひろき…

感想:星組『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』

舞台は1970年代と現代のインド映画界。脇役俳優のオームは人気女優シャンティに恋をするが、彼女は密かに敏腕プロデューサーのムケーシュと結婚、妊娠していた。しかし彼女の存在を疎ましく思い始めたムケーシュが、事故に見せかけてシャンティ殺害を計画。…

感想:星組『阿弖流為 -ATERUI-』

8世紀、東北へ支配領域を拡大する大和朝廷が蝦夷征伐に乗り出す中、故郷を守る為に立ち上がった蝦夷の若き指導者・阿弖流為は、仲間と力を合わせ朝廷軍を打ち破っていく。しかし勝利は更なる戦いを招き、やがて朝廷軍の切り札である坂上田村麻呂に征夷の命が…

感想:雪組『幕末太陽傳・Dramatic "S"!』

幕末の品川宿。一文無しのまま相模屋を訪れ、女郎おそめを揚げて大尽遊びに興じた佐平次は、翌朝飄々と居残りを決め込んでしまう。そして番頭まがいの仕事を始め、次々と起きる騒ぎを持前の度胸と機転で解決しては、お礼の金をちゃっかり貯めこんでいた。相…

朝水りょうさんのお茶飲み会(お茶会)レポ

5月に開催された星組男役の朝水りょうさんのお茶飲み会(お茶会)のときにお話してくださったエピソードの断片的なレポです。 仮面舞踏会で付けるリボンが間違っていた件 仮面舞踏会のシーンで髪の毛にリボンを付けてるんだけど、衣装の色と微妙に違っていて…

感想:星組『スカーレット・ピンパーネル』

フランス革命の最中。パリではジャコバン党による粛清の嵐が吹き荒れ、今日もまた貴族たちが断頭台の露と消えていく。革命は血なまぐさいクライマックスを迎えていた。そんな中、イギリス貴族のパーシー・ブレイクニーは、仲間とともに秘密結社を組織し、革…

感想:宙組『王妃の館・VIVA! FESTA!』

パリ、ヴォージュ広場の片隅に佇む「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」は一見客の宿泊を許さぬ高級ホテルだが、実際は深刻な経営難に陥っていた。そこに目を付けた旅行社「パン・ワールド・ツアー・エンタープライズ」はホテルとタッグを組み、高額の“光ツアー”…

感想:花組『仮面のロマネスク・EXCITER!!2017』

仮面のロマネスク 風紀紊乱の貴族社会に生きる1組の男女が始めた、大人の恋のゲーム。仮面を付けた心の奥底で互いを求める駆け引きは、時に残酷に周囲を翻弄し傷つける。誇り高い2人の意地の張り合いから、最後に仮面を外し真情を吐露するまでを 美しく官能…

感想:月組『グランドホテル・カルーセル輪舞曲』

グランドホテル 1920年代のドイツ・ベルリン。一流ホテル「グランドホテル」では、一見華やかに見えながら、実は様々な悩みを持った人々が宿泊している。落ち目のバレリーナのグルーシンスカヤ、男爵を名乗りながら、金策に追われて窃盗を繰り返すガイゲルン…

感想:花組『雪華抄・金色の砂漠』

昔々、いつかの時代のどこかの国。砂漠の真ん中にあるその王国の王女は、“ギィ”という名の奴隷を持っていた――。自分がどこから来たのかも知らず、王女タルハーミネの奴隷として育てられた少年、ギィ。常に王女に付き従って世話をする彼は、長じるにつれ、美…

星組95期&96期の男役による『星組男子』座談会

礼:起立!礼!全員:おはようございまーす!礼:着席! 礼:それでは星組男子、出席を取りまーす ひろ香:全力投球!野球部、ひろ香祐です! 瀬央:科学部部長、瀬央ゆりあです 音咲:君の心にシュートします、バスケ部の音咲いつきです 紫藤:家庭科部、副…

感想:星組『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』

群雄割拠して天下をうかがう戦国の世に、類い稀な知略を持つ軍師としてその名を轟かせた竹中重治(通称・半兵衛)。敵対する織田信長にその才を見込まれた半兵衛は、信長の命で勧誘に訪れた木下藤吉郎秀吉(後の豊臣秀吉)こそ天下人になる器と見抜き、その…

星組若手男役『朝水りょう』さんを応援してます

ひっそりと応援させて頂いている、朝水りょうさんという男役についてまとめました。 朝水りょうさんのプロフィール 基本データ 朝水りょう(あさみずりょう)96期生 星組男役4月19日生まれ B型身長 168cm東京都中央区出身岡山商科大学附属高校愛称はかぶちゃ…